ようこそ、このページはつむじ風ねっとです。ブログ飄(つむじ風)の貯蔵サイトです。

このサイトはこうして作られた!

このサイトはこうして作られた!

言ってみれば、避難所だ!!
同時にマイクロ・ダイレクト・リサーチセンター
(MDRC=Micro Direct Rsearch Center)でもある。


 ポータルサイトも、決して、あてにはならない。ミラーサイトも疲れた。で、Webサイト(ホーム ページ)

Tumuzikazelogo1 http://tumuzikaze.net/

を作ってしまった! 転ばぬ先に杖だ。


 飯山一郎さんではないが、サーバーを流離(さすら)うことはあっても、決して、抹消することは出来 まい!!


 かつて、やばい記事はスパムコメントが増える。それだけなら良いが、ポータルサイトに余計な言いがかりを付ける奴もいる。時には、ポータル側でい ろいろ細工をされるケースもあると聞いている。


 

 実際、いきなりサ イトを閉じられた経験がある


 動機はそう言うことであるが、これから書くことは、どのようにしてそれを実践したかという物語である。投稿者のように、必ずしも専門でな い、独学のパソ コン使用者が実に簡単にWebサイト(ホーム ページ)を構築できる方法がある。


 しかも、専門家に頼むものに引けは取らないものが出来る。


 しかも、タダである。

Qhmtry_btn_2ウェブサイト を自分で作る

 


 知ってしまえば、サクサク、ポンで一日か二日で基本構築は出来る。後は更新のみだ。大事なのはコンテンツ(中身・情報)である。ブログのよ うにそれは可能か?


 可能だ。


 その確認は、

Tumuzikazelogo1 http://tumuzikaze.net/


に行って、更新情報をご覧になって頂きたい。写真の準備、ロゴ、構想の準備は別にして も、ほぼメニューの編集とナビ(ナビ1、ナビ2)の編集は、一時間とかからないだろう。


 それらに対応するページは、内容は別にして、自動リンク機能を使うとページ見出しを作成するだけなら、30分とかからないであろう。他に、サイト 情報だの編集するのは、方針が決まっておれば、すぐに出来る。


 実際、その様にして、作ったWebサイト(ホーム ページ)である。

Photo

http://tumuzikaze.net/


 こだわればきりがないが、検索機能とか、アドオン(拡張機能)は、それぞれのマニュアルに従えば、そんなに難しい話ではない。少なくとも理解すれ ば良いだけの話で、htmlがどうのこうのという話は全くない。


 便利なものが出来たものである。


 実は、これまでWebサイト(ホームページ)を作るなら、何であれ、ホームページビ ルダーの世界と思っていた概念が、いっぺんに吹き飛んだ瞬間だ。そして、過去に挑戦しようとしたが、ちょこっと触って、すぐあきらめた。


 とてもではないが、素人の出る幕ではない!



 全く、違う世界がそこにはあった。Webサイト(ホームページ)の世界もブログと同じ感覚で構築で きる時代になっているのだ。これがwikiというものらしい。そうWikipediaのwikiである。


 だから、システムはサーバー上に常駐させているから、IDとPWでどこからでも、誰でも構築した り、更新したり出来るのである。全く、ブログ感覚でWebサイト (ホームページ)の管理が出来る。グループ管理も出来る。情報交換サイトなどうってつけである。


 たまたま、グーグルアドセンスの広告で拾った情報である。だが、調べている中、希望と可能性が見え てきた。そうか、成る程、これだ!これで、解った。何故、過去にWebサイト (ホームページ)作りに挫折したか。


 そして、これならブログと全く同じだ。素人の投稿者(私)でも挑戦できる。即実行した。少しばかりの勉強は必要としたが、それも動画とマニュアル で懇切丁寧に素人言葉で解説してくれる。分かってしまえば、間違いなく一日二日でWebサイト (ホームページ)が出来てしまう。


 実証のために、挑 戦した。そしたら、出来た。極めて簡単だ。 


 尚、興味のある方は本ブログの左袖の一番上に、リンクを貼っている。ウェブサイト を自分で作るをクリックして、ご覧頂きたい。無料で会員登録すれば、そのシステムをダウンロードできる。又、ネットに詳 しい方であれば、それだけで上記の事を実現してしまうだろう。


 何事も、当たって砕けろしかない。


 投稿者(私)はちょっと勉強の必要を感じたので、即導入に踏み切った。予てからその必要性を痛感していたからだ。しかし、おかげでタダでWebサイト (ホームページ)を立ち上げることが出来たことは大きい。


 タダと言っても、サーバーの契約料はかかっている。それも1,050円/月(※年払い20G、月換 算)だ。ドメイン取得と言ったって年間1,520円で済む。サブドメイン・メールアカウントは無制限に出来る。無料ブログとは比較にならないが、これだけ で流離(さすら)いの不安は解消した。


 友人に勧めたら、即導入して、ネットショップを開設した。これも機会があれば紹介したい。大体、Web サイト (ホームページ)を持つビジネスサイトは、大手企業を別にして、外注しているので、数十万円はかかっているだろう。そして、ほとんど更新しない代物が多 い。


 それが、自分で出来ることは大きい。更 新しないWeb サイト (ホームページ)など、捨てられたチラシみたいもので、誰も振り向きもしない。SECだなんだかんだと言っても、検索すらされないのだ。


 更新しないサイトは、検索すらされない。


 自分でWeb サイト (ホームページ)を立ち上げ、毎日更新しておれば、その名称でグーグル検索すれば、必ず、トップで表示される。何なら試しに、『つむじ風ねっと』のキーワードでGoogle検索して頂 きたい。公開10日そこらなのに、トップ表示されるから・・・・・。


 これで、マイクロ・ダイレクト・リサーチセンターが実現すること間違いなし。みんながWeb サイト (ホームページ)のオーナーだ。 (次回に続く)

次回を読む→このサイトはこうして作られた!②

尚、サーバーだが、いろいろある。レスポンスが速くで、PHPが実装しているサーバーは下載のものだ。本サイトは、そこから発信されている。最近はさらに大容量で、コストパフォーマンスの良いサーバーも登場しているから、その移管も当然あり得るし、複数のサーバーを維持するのも悪くはない。

認証コード(8260)

a:24911 t:6 y:6

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional