ようこそ、このページはつむじ風ねっとです。ブログ飄(つむじ風)の貯蔵サイトです。

信用できない菅直人氏を信用してはいけない!!

信用できない菅直人氏を信用してはいけない!!

一度騙されるのは、仕方がない!!
二度騙されるのは、騙される方が悪い
菅さん、もう、見抜かれている
トロイカはもう破綻、彼の五奉行の光成は家康に敗れた!!


 メディアの世論調査がどうであれ、目利きは誰もトロイカ体制など望んではいない。あれは、野党時代の結束に過ぎず、政策遂行能力は全くない。それは鳩山政権時代に証明されている。

Plc1008310056000p4


 菅さんはどうしていたか。ひたすら昼行灯であった。大儀のための昼行灯ならば許せるが、只、自己の立身のための昼行灯であった。その間、変節に変節を重ね、ついにクーデター成立後、その正体を顕し、潰えた。


 その後、自己の保身に賢明なのが、菅直人である。そう言う人物のいかなる言も信用できない。信用の信は、人の語る言葉と書く。二転、三転、そして、四転、五転もする人間を信用することが出来るか!


 これは推測であるが、おそらく、これまで多数の人間を裏切ってきたことは間違いない。鳩山さんすら、『菅さんを信用していない。』と、ある記者に語ったことがあるらしい。三井環氏をおそらく裏切ったままである。石井紘基議員の遺志を一つも手がけてはいない。

Plc1008302335011p1


 これで、小沢一郎が出馬断念したら、小沢が馬鹿を見ることは必定だ。断末魔の隷属派に三度屈したことになる。ポストなど無意味だ。政治は権力闘争であることは疑いがない。理念を掲げ、正々堂々と権力を奪取する。これなくして、何が革命か?

 


 

【転載開始】2010年8月31日 (火)

Photo

信用できない菅直人氏を信用してはいけない

密室で新代表を選出すべきでない。

 密室でポストの取引をするべきでない。
 
 小沢-菅会談を開くなら、選挙後の挙党体制構築を約束するだけでよい。

 選挙を行わずに、密室でポストなどを取引する政治を密室談合政治と呼ぶ
 
 マスゴミは2008年の民主党代表選に際して、複数候補による代表選実施を求めて絶叫したことを忘れたのか。

 赤松広隆前農相が「正々堂々と代表選を実施して新代表を選出することが望ましい。密室でポストを取引することは望ましくない」趣旨の発言を示した。正論である。
 
 マスゴミが必死に「激突を回避できるか」と突然主張し始めたのは、代表選が小沢一郎氏圧勝で進んでいるためである。
 
 第二平成維新運動が拡大しているのは、菅直人氏が主権者国民政権を対米隷属政権に変質させてしまったからである。
 
 背後には、辺野古での海兵隊基地建設を強行しようとする米国の意思が存在している。対米隷属でない小沢一郎政権が樹立されれば、辺野古基地建設案は白紙に戻されることになる。
 
 日本政治は重大な岐路に立っている。菅政権を継続すれば、日本が米国から真の独立を果たす可能性は永遠の彼方に押しやられることになるだろう。
 
 この機に菅直人政権を終焉させなければ、致命的な禍根を将来に残すことになる。
 
 菅直人氏は6月4日の民主党代表選で代表に選出された直後に「ノーサイド」を宣言しておきながら、舌の根も乾かぬうちに反小沢体制を構築した。

信用できない菅直人氏を信用してはいけない。
 
 信じてはいけない人を信用して裏切られたら、その責任は信用した側に生じる。
 
 日本の政治の根幹を決める代表選出を密室の談合で決めてはならない。
 
 小沢氏と菅氏が会談する意義があるとするなら、それは、代表選後に挙党体制を確立することを約束することである。
 
  しかし、主権者国民派と悪徳ペンタゴン派の政策主張は基本的に180度異なるから、いずれ、両者が信用できない分裂することは必然性を伴っている。水と油 を同じ政党に抱え込むことは、主権者国民の選択に大きな支障を与える。政策路線が完全に異なるのに、無理やり分裂を避けることに合理性はない。
 
 菅直人氏と小沢一郎氏が代表選立候補の意向を表明している以上、ここで、不透明な談合を行って代表選を無投票にする意味は皆無に近い。
 
 小沢一郎元代表と鳩山由紀夫前首相の冷静な対応が強く求められる。

第9回民主党代表選テーマソング
『菅敗』
長渕剛「乾杯」のメロディーで)
(代表選回数は複数候補による代表選のみをカウント)
 
かたい絆を あっさり捨てて
仁義を尽くさぬ 裏切りの日々
小沢を傷つけ 出世を喜び
総理の椅子に座った あの日
 
あれからどれくらい たったのだろう
参院議席を いくつ数えたろう
民主支援者は いまでも君の
心の中にいますか?
 
菅敗! 
いま君は人生の厳しく悲しい舞台を去り
はるか険しい道のりを歩き始めた
民主に幸せあれ!
 
両院議員総会 渋々開き
責任逃れの 言い訳ばかり
消費税大増税 言い出したのは君
参院選国民は 内閣不信任!
 
選挙の洗礼を 身体に浴びて
引き際潔く そのまま引けばよい
ポストにしがみつき 浅知恵のパフォマンス 
にやけているのは あなたひとりだけ
 
菅敗! 
いま君は党内の歪んでねじれた舞台を去り
国民主権の道のりが開き始める
民主に出直しあれ!
 
菅敗! 
いま君は党内の歪んでねじれた友と去り
小沢民主の王道が開き始める
民主に再生あれ!

第22回参議院選挙菅直人首相完敗の歌

『菅敗』

長渕剛「乾杯」のメロディーで)
 

かたい絆を あっさり捨てて
仁義を尽くさぬ 裏切りの日々
小沢を傷つけ 出世を喜び
総理の椅子に座った あの日

 
 

あれからどれくらい たったのだろう
参院議席を いくつ数えたろう
民主支援者は いまでも君の
心の中にいますか?

 
 

完敗! 
いま君は人生の厳しく悲しい舞台を去り
はるか険しい道のりを歩き始めた
民主に幸せあれ!

 


スポットライトの 中の総理は
責任逃れに 血眼(ちまなこ)になる
消費税大増税 言い出したのは君
言い訳なんか しないほうがいい!

 
 

選挙の洗礼を 身体に浴びて
振りかえらずに そのまま引けばよい
風に吹かれても 雨に打たれても
信じた政策に 背を向けるな

 
  

完敗! 
いま君は党内の歪んでねじれた舞台を去り
再編始まる道のりが開き始める
民主に出直しあれ!
 

 


完敗! 
いま君は党内の歪んでねじれた舞台を去り
国民主権の道のりが開き始める
民主に再生あれ!

 
 

民主に再生あれ!

【転載終了】


認証コード(5852)

a:2929 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional