ようこそ、このページはつむじ風ねっとです。ブログ飄(つむじ風)の貯蔵サイトです。

正論とは、まさしくこういう事を言う!!

正論とは、まさしくこういう事を言う!!

政権交代を認容できない連中は
国民の生き血を吸い続ける利権屋と断ずべし!!
それが阻止されるから、死にものぐるいで攻撃してくるのだ!!


 現今の政治情勢は、無血革命の途上にある。邪論、激論が繰り広げられている。正論を見極めるのは、少々困難だ。それは乱世だからである。

20091211184956


 乱世にあって、大局を見極めるのは極めて重要だ。民主党内にも隠れ反革命分子がいる。顔は革命政権を奉じているが、心は反革命だ。名前は言わないが、だんだんとその素性を明確にしてきている。


 高速道路実質値上げを画策したが、潰えた。無料化を断固として行おうとはしない。


 投稿者は、民主党一辺倒ではないが、今や、自民党の暗部を知ってしまった以上、2度と振り返らない。そう考えている人々が増えてきている。間違いない。同時に、隠れ自民党の独りよがり少数政党を無視する。

Nesp1274682837


 自民党に巣食えない似非右翼少数政党など以ての外だ。殆ど、ごろつき政党だ。


 ならば、大同団結、革命政権を擁護しなければ、未来はない。来る7月11日はそう言うターニングポイントだ。行く末は政権再編になるだろう事は、大方の予想だ。しかし、今は違う。


 いろいろ、失態もあるが、確かに大きく変わった。その変わり様をメディアは一切報道しないから、攻撃ばかりするから気づかない人々も増える。しかし、何時までも隠しおおせることは出来ない。常に正論は芽吹き、そして、拡がる。


 正論は、大局観に立っている。枝葉末節を論じない。揚げ足、貶め工作もしない。いらだたない。静かにその本質を見定めている。


【転載開始】公開日:2010/05/27 00:00

Image20

新聞、TVの民主叩きは財界の圧力!!“事業仕分け”は新政権だから出来た!!大メディアは利権腐敗自民党の御 用機関!!

 

 大メディアの新政権叩きは度が 過ぎている。読者は大メディアの偏向報道に騙されてはいけません。事業仕分けなど自 民、公明政権では絶対に出来なかったことです。それどころか事業仕分けなど永久にすることはなく、国家破綻まで国民の血税が垂れ流され続けるのは間違いな かったのです。

 

 半世紀以上物長い自民党政権 で、国民の税金の無駄遣いは天文学的に膨れ上がっていました。昨年の八月の政権交代が実現したからこそ、ようやく国民の税金の無駄遣い組織、機関、団体に メスが入ったのです。

 

 期待(全てを廃止に)とおりに は実現でないのは当然です。半世紀以上もの間に、自民党の垢が二重三重に積み重なり、どこを削り取ればいいのか、させ分からないように仕組まれてしまって いたのです。役人と自民党政治家たちのワル知恵で。

期待が大きかっただけにがっか り感も大きいのでしょうが、考えてください。繰り返しますが、自民、公明政権が続いていたら、あなた方の血税が自民党支援、支持団体に永遠に吸い取られ続 けたのです。

 

 先ずは第一歩です。始まったば かりなんです。もう三年、独裁に近い感じの政権でなければ改革は成し遂げられません。もう三年、民主連立政権に任せるべきです。それで判断をすることで す。

 

 忘れてはいけません。小泉、竹 中、西川善文、オリックスの宮内義彦らは郵貯、簡保の約300兆円を米ハゲタカに売り渡そうと したんです。民主政権でそれを食い止めることができたのです。

 先日、あるテレビの幹部と昼食 をともにした。「あなた方は民主党政権の実現した公約をまったく報道しない。偏向が過ぎるよ。財界の圧力か?」

 と厳しく訊ねると、

「泣く子と地頭には勝てません」

 と苦笑いした。

「いいですか、良いことは良い、 悪いことは悪い、と区別しないとあと3年以上

民主党政権が続く以上、相当な しっぺ返しがあるぞ」

 と脅すと、黙り込んでしまっ た。広告出稿を条件に民主党叩きをしているのが明らかだ。民主党よ、経団連を信じるな。【転載終了】


 育成農家の苦悩は、察して余りある。大事な生業(なりわい)を根本から失う苦しみは、筆舌に尽くしがたい苦しみであろう。しかし、事実は事実である。

Nesp1274230811



 本来、全頭殺処分は、あまりといえばあまりに残酷であろう。防疫法から言えば致し方ないとはいえ、未来には変更すべき課題だ。一説には、治癒しうる疫病であるとの説もある。


 この世の中に、治癒しない疫病などあるものか。あくまでも動物を物ととみなし、商品とみなし、その効率のみ追求するところから来た悪法であるとさえ言える。


 本当にパンデミックが、人間を襲ったら、(そう言うことはないと、断言するが・・・・)、全体を守るために、人間をあるエリアから全員殺処分するのか? 問いたい。 それが最も効率の良い防疫方法なのか?

Page33_convert_20080324115800

 


 そう考えるのは、悪魔の考え方である。故に、強制収容所(コンセントレーション)が作られる。


【転載開始】公開日:2010/05/25 02:40

速報!「殺して埋めるなん て・・むごい、可愛そう!」の畜産者の声に疑問!!

 

 口蹄疫で宮崎県が大変。だが、 殺処分しなければならない畜産業者の「むごい、可愛そう。涙が出る」という声(テレビはわざとこういう声を放送するのだが・・)

を聞いて疑問に思った。

 

 この人たちも育て、大きくなっ たら彼らをト殺場に送り込み、殺して食っているんじゃないか。こっちのほうがむごいだろう。殺して食わずに埋めるほうがむごくはないだろう。畜産業者は自 分の言葉におかしいと思わないのか?

 

 養豚業者も同じ。養鶏業者も同 じだ。鶏など身動きもできないゲージに入れられて、24時間眠らされず、エサをこれでも かと食わされ、タマゴを産むのを強請されている。こんなむごいことはないだろう。【転載終了】

a:2174 t:2 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional