ようこそ、このページはつむじ風ねっとです。ブログ飄(つむじ風)の貯蔵サイトです。

水が燃える技術、ついに完成!!34

水が燃える技術、ついに完成!!34

マイヤーの水を燃やす技術を完成させた
日本人がい る!!

GhostRipon さん(HN)その人だ!!
有言実行、とうとう『
日本製品』を作り 上げた!!第34弾


 

 失敗は成功の母と言うが、全てに理由があるからだろう。その理由感得するまでは、女神は微笑まない。


 直ちに行動する。たくましく思う。


 

【転載開始】2010年02月18日(木)

コン ディショニング12(やり直し)

テーマ:実験

O0600045010418801132_2

O0600045010418801133_2

O0600045010418801134

O0600045010418801135

 


(下から2本目は、爪ではがしたもの)

分 解しました。これは酷い。

やり直しの判断は、間違っていなかったと思う。
茶色いコートは、焦げたのではなく赤錆が混ざったように 見える。
コートの剥がれる原因は、パイプの表面がツルツルな為かなあ。
同じツルツル仕上げでも、コートの喰い付きの良い部分と浮いている 部分があるので、
もしくは、脱脂が不十分だったか。
塗装と同じように考えると、わかりやすいかもしれない。

一応書いてお こう。

経過報告(メモ)
1~4回目 : ガス少なめ。水の黄ばみもほとんどない。
5 回目 : 高いアンペアで、ガスが出だす。水に黄ばみが出だす。
9回目 : 2.5A以上から、小さい泡がでるようになる。
12回目 :  1.0Aでも、小さい泡がよくでるようになる。
14回目 : 0.5Aでも、小さい泡がでるようになる。1.0Aでガス増加。1.5Aで煙のよ うな泡が出だす。
15回目 : アウターパイプの泡が少し減少したかもしれない。
16回目 : 1.0Aで煙のような泡がでるようにな る。
17回目 : 変化がないような。
18回目 : 1.0Aで分解量が増えたような。
19回目 : 変化がないような。
20 回目 : 0.5Aで煙のような泡がでるようになる。
21回目 : 2.0Aと15回目の3.0Aが同じ分解効率な印象。
22回目 :  1.5Aが煙のような泡がメインになった。(小さい泡が減る)
23回目 : 0.5Aで大きな泡もでる。(泡がパイプから直接水面へ)
24 回目 : 1.0Aで分解量が増えたような。
25回目 : 1.0Aで煙のガスがたくさんでるようになる。
--セル組立て--
28 回目 : ブラウンマック発生→以後(B)と表記する。
29回目 : (B)変化がないような。
30回目 : (B)1.0A~FETが ほんのり加熱。バイファイイラーは冷たいまま。
31回目 : (B)ブラウンマックの量が増えたような。
32~34回目 : (B)特に 変化無し。周波数によってFETが発熱するようだ(ほんのり)
35回目 : (B)1.0Aで大きな泡(速い上昇)がたまにでるようになった。
36 回目 : (B)0.5Aでも大きな泡(速い上昇)がたまにでるようになった。
37~40回目 : (B)変化がないように見えるが、ガスは徐々 に増えている印象。FETが1.0A、1.5A、2.0Aで発熱。
--コートの剥がれが発生--
41~44回目 : (B)大きい泡が出 るようになったが、コートの剥がれが多い。ガスの量は減っていない印象。
--セル分解戻す--
45回目 : 小さい泡が減って大きい泡が 多い。コートの剥がれが多い。
46~60回目 : ほとんど変化無し。コートの剥がれがたまにでる。
61~65回目 : セルの置き方を 変更したところ、
コートの剥がれが大量に出たため実験中止。

状況から自己回 復は望めそうもないので、インナーパイプのコートを剥がして、再度最初からコンディショニングを
やり直すことに決定しました。
作業は、セ ルを分解してインナー外表面を#150→#60で荒らすように変更。(喰い付き重視)


やると決めたら速い。
速攻で作り変 えました(笑)

新品の輝き。美しい。(1回目終了後・アウターパイプの泡が増えた)

O0600045010418803281


今回ご登場頂いた、最強のツール『泡の力』。
(マジックリン ハンディスプレー)

T02200220_0280028010418812972



パ イプ単体 : マジックリン(浸け置き)→すすぎ→ブレーキクリーナー→すすぎ
インナーパイプ組立て後 : マジックリン(歯ブラシで)→すすぎ →ブレーキクリーナー→すすぎ
アウターパイプ組立て&ワイヤリング後 : マジックリン(歯ブラシで)→すすぎ→ブレーキクリーナー→すすぎ
と、 入念に脱脂を試みました。(ブレーキクリーナー採用は気分)


1回目 12V-3A
  右となりはG2。
(小さいアンペアでも少々分解されてますが、うまく撮影できず)
効率は、以前セルをゼロから作成した時よりも、スタート から高いような気がする。
他にも秘密があるのだろうか?どうなっているんだろう。
ちなみに、作業で直した部分は、インナーパイプの外面の みです。
他の部分はそのまま。(清掃、脱脂程度)


そのような訳で、振り出しに戻りました。
その分、ノウハウが蓄積されたから良 しとしよう。

それにしても、最近は、セルばかり作っているな(笑)
G2作ったばかりだし・・・
つづく。


テー マ:実験のまとめ
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10428585367.html
ブラウン・ガス(水で走る自動車)関連リンク集
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10368895283.html
 

【転載終了】


認証コード(7314)

a:2664 t:2 y:2

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional