ようこそ、このページはつむじ風ねっとです。ブログ飄(つむじ風)の貯蔵サイトです。

2010年12月記事

2010年12月記事

2011年1月1日

あけまして、おめでとうございます!

あけまして
おめでとうございます!


 旧年のご愛読に深謝! どなた様にもブログ誌上を借りて、心を込めまして!


M35277

<月並みだが、富士と日の出-日本の夜明け>


認証コード(6786)

a:5653 t:2 y:0

2010年12月31日

制癌剤は、延命効果がない?! 衝撃の記事!

これも予告編である!!
来年は、制癌剤に対する欺瞞と
真の癌治療に対する情報を掲載したい!!


ガンは癌にあらず』に

Photo

《 ところが, 1989年, 筆者Aが末期の直腸癌を疑わざるを得ない自覚症状となった. 症状は急に進み, 2ヶ月後の激痛と大量下血は末期癌と思われたので, 手術も難しい事態と考えた. 制癌剤を調べた経験からは頼るべき制癌剤もなさそうで, 絶望的な気持で治療方法を調べていた. この時に, 知人が春ウコンの情報をもって相談に来た. 「春ウコンが癌に効くらしいと聞いたが, 制癌剤の開発経験者から見てどのように思うか」, というのである. この知人の母親は, 末期肝臓癌のため大学病院に入院中であった. この情報に多少の可能性を感じて, すぐに2人で春ウコンの摂取を始めた.》

とある。


 制癌剤は、見るべき『免疫賦活』作用はない。という驚くべき結論である。これは多く知られていない。ところが、それ以上に延命効果も疑わしいというのである。と言うより、そのデータに改竄が疑われるとなると聞き捨てにならない。


 そう言う記事が、文藝春秋に載った。その一部だけ掲載する。


「bungei.pdf」をダウンロード

Kouganzai1_2


 これは、由々しき話だ。しかし、想像された話でもある。ほとんど、謀略の範疇だ。有り体に言えば、製薬会社と医療業が、結託して患者を単に食い物にしているだけの話ではないか?! 悪く云うと、人体実験でもある。


 癌が何故増えるか? それは来年のテーマであるが、結論から言うと、その発生メカニズムに大いなる誤謬があるからである。あるいは真相の隠蔽がある。そうでなければ、この問題の解決策は生まれないであろう。


 癌は感染症である。およそ、全ての病気は何らかの原因による感染だと喝破すれば、その解決策が見いだせるだろう。そして、それは効果的な『免疫賦活』が得られると、容易に完治するという事実を敷衍(ふえん=広める)されなければならないだろう。



認証コード(3283)

a:5653 t:2 y:0

반갑습니다 (うれしい)?! 来年は『北朝鮮』がキーワードか?

今年もあとわずか・・・・・・?
心残しが無いように
予告を含めて、掲載する!!


 ブログ誌上にて、本年中のご愛読に感謝申し上げる。しかし、これからが本番であろうと予感している。来年は、さらに明らかな真相に目見える気がしている。

Hasuke

<っん ?>

409098_1293282765

<蓮池さんご夫妻??>


 そして、その動画。


반갑습니다 (うれしい)

http://www.youtube.com/watch?v=gUgkHLvWfmE


 そして、北朝鮮の現在の素顔。


 (いずれも飯山一郎さんのブログより一部抜粋)


Imag1373

Imag1367

Imag1413

Imag1214

Imag1254


認証コード(6525)

a:5653 t:2 y:0

2010年12月30日

マスコミのねつ造報道の呪縛-来年はさらに激化する!!

たしかに
森ゆうこ参議院議員は頼もしい!!
腑抜けの民主党議員の中では際立っている・・・。
彼女のように、洞察に富んだ発言を出来なければ、
小沢旗本議員は務まらない!!


 民主党のアッケラカン(菅)の尻掻き議員など、全く、興味はないが、森ゆうこ議員は際立って魅力的だ。川内議員も良いが、迫力はその更に上を行く。先の動画でも承知のことと思うが、大体の於いて、小沢旗本議員は上品に納まりすぎている。

Img_38136_911575_0


 政治は合戦である。武器こそ持たないが、戦いである。それはこれからますます激しい戦いになるであろう。その相手は、捏造、欺瞞を用いる悪の勢力だ。その手法からして、悪辣だ。故に悪の勢力と看破出来る。


 その戦いを凌(しの)ぐのに、あまりに大人しい。小沢旗本議員は奮起せよ、と言いたい。正義はわが方にあると信念するなら、咆哮するのは正義になくてはならない。それが政治家ではないか。森ゆうこ議員に、遅れるな、と言いたい。


 男、女を差別するつもりは毛頭ないが、男はもっと元気であって当然だ。生物学的特権だ。

A0016650_87433


 来年はますます、激しい戦いとなる。気を引き締め、断固、洞察を働かせて、撃破しなければならない政治決戦の火蓋が切って落とされる。間違いない!!


【転載開始】政権交代の歴史的意義を失わせてはならない

今こそ情報を共有し、マスコミのねつ造報道の呪縛から皆を解き放とう

20060518_1_1

検察とメディアによってねつ造された「政治とカネ」
これを許せば議会制民主主義が崩壊する

○あれだけ大騒ぎをした西松建設の裁判は既にない。
2010年1月13日の第2回公判で、検察側証人がダミー団体ではないと証言。
敗色濃厚になった検察側は訴因を変更。西松裁判は実質上なくなった。

○陸山会事件の被疑事実は「期ずれ」
登記の実務上、売買成立日を仮登記とするか、本登記とするかはケースバイケース。そもそも虚偽記載でさえない。
4億円の立て替え金について、そもそも立て替え金を記載する義務はなかった。

○陸山会事件を捜査したのは、FD改ざん事件の前田元検事
前田元検事は実質無罪判決の出ている佐藤栄作前福島県知事の事件で捜査を担当。裏金疑惑を証言した水谷建設元会長が仮釈放欲しさに虚偽の供述をしたと佐藤前知事の弁護人(宗像弁護士)に語った。

○新生党解党資金(但し、政党助成金が発生していない)についての批判記事により、このお金は、小沢先生自身が、支援者から頂いた尊い浄財である政 治資金、つまり、政治改革のための資金だったことが証明された。政権交代を実現するため、グループを問わず配付され、解散が一年近く先延ばしにされ資金の 枯渇に苦しんでいた議員や候補者は、その資金によって選挙をスタートすることができたと感謝している。

○政治改革のための軍資金として、政治資金を現金で運用するのはよくて、他の運用方法が悪いというのは論理的根拠がない。

○仙谷官房長官の「検察審査会による起訴も起訴に変わりない」「離党勧告も視野」という発言を到底許すことはできない。
  プロの検察官が一年以上に渡る徹底的な捜査の結果「2度、不起訴」
  検察審査会は「よくわからないが裁判で白黒つけろ」と議決したもので全く違う。
  法務大臣が推定無罪を否定するかのような発言
  閣僚は党運営に口出しすべきでない、自分自身の問責はどうする?

○検察審査会は幽霊?
本当に開催されたかどうかさえわからない。
全く別の審査員11人の平均年齢が、確率上ありえない34.55歳と2回とも同じ結果。3回平均年齢を訂正。
検察審査会は三権のいずれにも属さない憲法違反の組織。
行政手続きの整備に不備がある。法改正への動きが既に始まっている。

○検察審査会の審査員選定システムが欠陥品で恣意的な審査員選定が可能であることが「くじ引きソフト調査チーム」の実験により実証された。

●報道はねつ造だらけ、小沢氏に説明責任という前にマスコミが説明責任を果たすべき。何が事実として確認され、何が誤報(虚偽報道)だったか。
TBS は「石川議員が水谷建設から裏金5000万円を受けとった現場にたまたま居合わせた男性の証言」というねつ造ビデオを放映したが、森ゆうこが抗議、その後 放映されなかった。後日、日刊ゲンダイがその男性を追跡取材。その男性は石川議員と面識はなく、パーティーで見かけたことはあるかも知れないなどと答え た。

約2年間、真偽不明の報道がなされてきた。象徴的だったのは、「大久保秘書が起訴事実を認めた」とする起訴翌日の誤報、虚報。NHKをはじめ大手マ スコミは、大久保秘書の弁護士に確認するという最低限の取材もせず報道。NHKは国会の総務委員会で追及されるも、未だに訂正も謝罪もしていない。

小沢元代表に説明責任を求める前に、マスコミ各社はまず、これまでの報道の何が事実として確認できたのか。何が捏造報道だったのか説明するべきであ る。あたかも、贈収賄や斡旋利得があったかのように報道してきたが、そのような事実はなかったということが確認されたからこそ、秘書の起訴事実は単なる期 ずれであり、小沢氏を起訴することはできなかった。

○12月23日、菅総理は菅政権擁護の主要なマスコミ関係者と食事会。また田原総一郎氏はテレビで総理が小沢切りを必ずやる、私は知っていると断言。

○12月26日、西東京市(菅総理のおひざ元)の市議選結果
現職5人のうち4人が落選。当選者3人は下位。 
民主党への逆風は小沢切りで乗り越えられない【転載終了】


 激化の様相は、平野貞夫氏の警告にも明らかだ。


【転載開始】◎「日本一新運動」の原点―34Hirano090929

来春より、小沢一郎メディア攻撃が激化する!! 
 
              日本一新の会・代表 平野 貞夫

(激動の平成22年を終えて)

 6月17日に発刊した「日本一新の会」のメルマガ運動は、早
いもので半年となり激動の平成22年が終わろうとしている。
 この会に参加し協賛していただいた方々に、心から感謝したい。
お陰さまで大きな成果を上げることができた。

 『週刊朝日』の新春合併号で、「小沢一郎“すべてに答える”
茂木健一郎が迫る」という特集があった。茂木氏といえば著名な
脳学者、その茂木氏が注目すべき発言をしている。「九月の代表
選で、新聞・テレビの伝統的メディアが相変わらず「政治とカネ」
問題を批判する中、ネットの世界では、ちょっとした「小沢ブー
ム」が起きていたんですよ。これは私にとって顕著な出来事だっ
た」。
 日本一新の会が発信したメルマガの活動を評価したものだと思
う。維持会員や、アドレス登録の皆さんのご助力によるもので、
この機会に、改めて敬意を表したい。
 日本の政治がこれほど劣化したことは、明治以降で最悪といえ
る。私自身、日本にとって政権交代こそが民主政治を定着させる
最大の課題と確信していた。衆議院事務局33年、参議院議員1
2年、そして政治評論を6年と、それ一筋に活動して、今年で後
期高齢者となった。歴史的政権交代が実現したものの、菅・仙谷・
前原・岡田政権となって国家の機能さえ失う政治運営といえる。
これでは私も死ぬに死にきれない。
 これを12月25日の夕刻、小沢さんに話したところ、「お天
道さんが見ているよ」とのこと。さすがに世の中を達観している。
これで、来たる年には十分な闘いができると確信した。そこで私
は昨年の政権交代から今年の菅政権の混乱について、「天道論」
で分析して伝えた。
 「おてんとうさんは、日本の政治を壮大な構想で仕分けている
んですな。昨年は自民党を仕分けて、政権の座から降ろした。今
年は民主党が仕分けられている。この仕分けは来たる年に答えが
出る。政権交代の歴史的意義の花が咲くことを信じましょう」

(菅内閣に協力するメディアの実体)

 12月20日、小沢さんの政倫審出席をめぐって、「菅首相・
小沢会談」と同時進行になったが、テレビ朝日の「ワイドスクラ
ンブル」で、私は田原総一郎氏と激論していた。「小沢問題は、
社会心理的な暴力装置となったマスメディアが、政治や検察権力
と結びつき、政界から“小沢排除”を企んだことによる」という
趣旨の発言をすると、田原氏が猛然と反発してきた。テレビの生
放送で、公然とメディア批判をしたのは初めてだったが、再びテ
レビ出演の依頼はないだろうと思っていた。
 そんな話を友人のジャーナリストにしたところに、まことに不
可解な情報が入ってきたが、それは、巨大メディアの来年の報道
方針のことである。これが現代のメディアの実体かと思うと、私
たちの闘いは容易なことではない。

 朝日新聞からテレビ朝日に非公式に伝えられたといわれる話だ
が、これからも小沢氏に関しては、悪いイメージを国民に持たせ
るような報道を継続するとのこと。理由は、来年、菅内閣は「納
税のための国民総背番号制」を導入することになる。そのための
法案を国会に提出して審議が行われる。当然、国民の反発は厳し
く、巨額の広報費を使って賛成の世論づくりをすることになる。
小泉内閣の時の裁判員制度で、それをやり批判されたことだ。そ
れ以上に菅内閣はメディアを悪用することになるだろう。
 聞くところによると、購読者・広告費減少で経営に苦しむ巨大
メディアは、この巨額な税金をめぐって実質的な談合が行われて
いるとのこと。菅官邸とメディアは阿吽の呼吸で、政府広報費と
いう税金を配分する代わりに、「小沢叩き」を強化し続ける方針
のようだ。また、こんな話もある。「上からの指示で小沢叩きと
いうことではまずい。現場が自主的にやるようにしてくれ。札付
きの平野(貞夫)なんかを、ガス抜きに時々呼んでもよいが、
“こんな人柄の良い人”が小沢支持かと視聴者に感じさせる人物
は呼ぶな」という話が交わされているようだ。そういえば、27
日夕刻、自宅に帰るとテレビタックルから、年明けに録画出演し
てくれとファックスが送られてきた。
 既に新しい「小沢叩きプロジェクト」は始まっている。26日
のテレビ朝日の「フロントライン」では、反小沢メディアの主軸・
後藤謙次氏が聞き役となって、仙谷官房長官にインタビューを行
い、長時間にわたって小沢叩きを行った。問責決議がなされてい
る官房長官をのうのうとテレビに出すことも問題だ。
 後藤氏は共同通信の幹部で、竹下登に可愛がられ、その手先と
して、平成7年に結成された「三宝会」という、政・財・マスコ
ミの秘密結社の主役であった。55年体制の発想から抜け切れな
いジャーナリストで、話を聞いていると竹下首相の小沢に対する
怨念をぶつけている感じだった。それとTBSの「時事放談・新
春特別番組」では、武村正義元官房長官と、仙谷現官房長官の対
談とのこと。二人とも日本を亡国に導く権力亡者で、菅首相とと
もに、ソ連のスターリン派のようなものだ。忘れられているかも
知れないが、武村氏は細川連立政権を潰した張本人で、米国のク
リントン政権から「日本の政権の中心に北朝鮮のエージェントが
いる」といわれた人物である。

(「検察審査会問題研究会」の報告)

 12月24日(金)、憲政記念館で行われた「検察審査会問題
研究会」は、森ゆう子参議院議員と、落合洋司弁護士を講師に迎
え、約50名のそれぞれのグループの代表が参加した熱心な勉強
会であった。研究会で採択された「声明文」や、3人の弁護士・
検事職に宛てた「公開質問状」は発信済みなので省略するが、森
ゆう子議員が発言した重要な情報を報告しておく。

1、検察審査会の審査員は「公正なくじ引き」で選ばれる法令に
  なっているが、この「くじ引きソフト」は恣意的に審査員を
  選べることが実験で証明された。(昔の丁半賭博で床下から
  長針でサイコロをうごかしていたようなこと)。従って、小
  沢氏の議決を行った審査員が公正に選ばれたのか、疑問があ
  る。
2、検察審査会の開催情況など、組織として当然のことが、まっ
  たく情報開示されておらず、幽霊審査会といえる。予算措置
  についても不可解なところが多く、現状では予算を計上すべ
  きではない。
3、検察審査会は三権分立のどこに属するのか、所轄大臣はいる
  のか、起訴議決2回で強制起訴という行政権を行使すること
  になっているが、行政機関としての法律上の位置づけはない。
  従って憲法違反の存在である。
4、東京第五検察審査会の小沢氏についての2度目の審査や起訴
  議決が適正かつ合法的に行われたのか不可解な点が多く、情
  報を開示すべきである。例えば、9月23日か24日かに、
  特捜検事が第五検察審査会に呼ばれ説明を行っているという
  確かな情報がある。何のための説明か。9月14日に2度目
  の起訴議決したことになっているが、検察からの説明はあっ
  たのか。起訴議決が適法に行われていない可能性があり、解
  明すべきである。
5、最高裁が所管する予算のうち、コンピューター・ソフトに関
  係する入札や納入の状況にきわめて問題が多く、裏金づくり
  や天下りに利用している可能性がある。平成23年度予算審
  議で厳しく調査する必要がある。

以上は、森ゆう子議員のホームページhttp://www.mori-yuko.com/
に、諸資料とともに掲載されているので参照されたい。

(再び「小沢氏の国会招致」問題について)

 12月27日(月)、午後2時から開かれた民主党役員会に菅
首相が出席した。注目されたのは、「政治とカネ」について、菅
首相や岡田幹事長の「自発的に政治倫理審査会に出て説明すべき
である」と強要することに小沢氏が応じないことについて、役員
会として“出席説明することを議決する”という、わけのわから
ないことが協議の主要な課題というから笑い事だ。
 菅首相や岡田幹事長は、野党が国会審議に協力しないこと、各
種の選挙で民主党が惨敗を続けている原因は、小沢氏の「政治と
カネ」の問題にあると公言している。それでは、12月26日の
西東京市議選挙の惨敗をどう思っているだろうか。菅首相のおひ
ざ元のこと、まさか小沢氏の「政治とカネ」を理由にするわけに
はいくまい。そこまでいうなら「政治とカネ」のどの部分を説明
しろというのか、具体的に示すべきだ。

 平成6年の新生党解党にともない、残った資金を「改革フォー
ラム21」に移したが、その中に巨額な税金(立法事務費)が入
っていたとの虚偽報道が繰り返された。テレビや新聞は「違法で
はないが、政治資金制度の本旨に反する」と一斉に小沢叩きを行
った。しかし、よく事実を調べてからにして欲しい。一円も税金
は入っていないし、所定の手続を経た合法的な政治資金であり、
繰り返しになるが、昨夏の政権交代を成し遂げた大きな要素でも
あった。それでも、過剰に批判を繰り返しているメディアがある
が、法的措置をとることも考えたい。
 小沢氏の国会招致について、役員会では輿石参議院会長が「次
期通常国会までに決着させてはどうか」と、岡田幹事長に助け舟
を出して年明けに先送りとなった。菅首相の眼の前の話だ。相当
に頭に来たらしく、菅首相は夕方の記者会見で「国会招致を拒否
し続けるなら、党の決定に従わないことになり、出処進退を含め
て本人が考えて頂くしかない」と、自発的な離党を促した。どん
な脳の構造をしているのか理解できない。
 政治倫理審査会の「自発的出席説明」は、党とか国会の決定で
行うものではない。議員の人権を守るものとして制度化したもの
だ。「自発的離党」を党代表が強要するとは、「結社の自由」と
いう憲法の原理を踏みにじるものだ。
 そのくらいのことがわかっていなければ、総理は勤まらないと
思うが、これでは国の行き先は真っ暗だ。
 官庁の御用納めで永田町が、年末の挨拶回り気分が流れる28
日、小沢氏は突然に記者会見し、別紙の『挙党一致で「国民の生
活が第一。」の政治を実現するために』という所見を発表した。
「私が政倫審に出席することにより予算審議が円滑にすすめられ
るということであれば、常会の冒頭にも出席し、説明したい」と
のこと。さて、菅首相・岡田幹事長、どうしますか。それでも、
「自発的離党」を強要するのですか。

 最後に、日本一新の会・維持会員の皆さん、そして、さまざま
な機会を通して、この「メルマガ・日本一新」を読んで頂いてい
る無数の読者の皆さん、ご健勝にて新年を迎えられますようお祈
り申し上げますとともに、「国民の生活が第一。」の実現に向け
て、日本一新の会は皆さんと共にあることをお約束して、暮れの
ご挨拶といたします。

             別紙 小沢氏記者会見ペーパー添付

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 挙党一致で「国民の生活が第一。」の政治を実現するために

 私はこれまで、菅代表及び岡田幹事長から、自発的に政治倫理
審査会へ出席するよう要請を受けてまいりました。それに対し、
私は、政治資金に関する問題はすでに具体的な司法手続きに入っ
ており、三権分立や基本的人権の尊重という憲法上の原理原則か
らいえば、立法府の機関である政倫審に出席する合理的な理由は
ない、ただ、私が政倫審に出ることで、国会運営が円滑に進めら
れ、あるいは、選挙戦においても国民の皆様の支持を取り戻すこ
とができるということであれば、政倫審に出席することもやぶさ
かでないと、繰り返し表明してまいりました。

 そうした中で、先般、民主党の最大の支持母体である連合から、
挙党一致の体制で難局を乗り越えるよう、強い要請を受けました。
また、国民の皆様、同志の皆様にも、多大なご心配をおかけして
いることを、大変申し訳なく思っております。これらのことを総
合的に考え、私は政治家の判断として、来年の常会において、政
倫審に自ら出席することを決意致しました。

 具体的に申し上げます。
 第一点目として、常会において私が政倫審に出席しなければ国
会審議が開始されないという場合、すなわち、私が出席すること
により、予算案の審議をはじめ、国会の審議が円滑に進められる
ということであれば、常会の冒頭にも出席し、説明したいと思い
ます。
 第二点目は、私が政倫審に出席するかどうかということが、国
会審議を開始するための主たる条件ではないということであれば、
国民の生活に最も関連の深い予算案の審議に全力で取り組み、そ
の一日も早い成立を図らなければなりません。したがって、私は
この場合には、予算成立の後速やかに政倫審に出席したいと考え
ております。

                  平成22年12月28日
                    衆院議員 小沢一郎【転載終了】


認証コード(6026)

a:5653 t:2 y:0

2010年12月29日

ヒトラーはユダヤ人とシオニズムの道具と批判(ギリシャ正教会)

ヒトラーはユダヤ人であった
イラン大統領のマフムード・アフマディーネジャード
おそらくそうである!!


 そして、ヒトラーはアルゼンチンで90才近く生きていた。と来ると、大体の人は眉に唾を付ける。最近では、金正日が日本人の胤(たね)によるとの説がある。


Rothschildhitler_3  

  1. Photo_4







Hitleraltersheim_5

     


写真左 若きなじみのヒットラー
写真上 老年のヒットラー
社員右 晩年のヒットラー


 忘年会の話の種だ。おまけに金正恩(キム・ジョンウン)は、めぐみさんの子どもであると来れば、話題に事欠かないであろう。しかし、これは正気の話だ。これは飯山一郎さんの連載に詳しい。


 ヒトラーシオニスト説は、ギリシャ正教会のセラフィムの言葉だから、傾聴する必要がある。


 いずれにしても、事実は小説よりも奇なり、である。その意味は、我々が生きている情報空間は、仮想情報であると言うことだ。来年以降、更に暴かれるに違いない。



先程現代ギリシャ語で呟いてみたが、ギリシャのキリスト教高位聖職者のピレウス・セラフィムがヒトラーはユダヤ人とシオニズムの道具と批判した様である(@w荒

しかもヒトラーがロスチャイルド家から資金援助されていた事まで指摘している(@w荒
【転載終了】


   
                                  

【元記事転載】

Παρασκευή, 24 Δεκεμβρίου 2010

                 

Σεραφείμ: "Όργανο του Σιωνισμού και ο Χίτλερ"

 
 

Ευθεία   αντιπαράθεση μεταξύ Εκκλησίας – πολιτείας, προκάλεσαν οι δηλώσεις του μητροπολίτη Πειραιώς Σεραφείμ σε εκπομπή του Mega, την Τετάρτη (22/12) ,   ότι...

Εβραίοι   κινούν τα νήματα στην Ελλάδα. . ΄ Ήδη ο κυβερνητικός εκπρόσωπος έκανε λόγο για προσβολή, ενώ Εβραικές οργανώσεις μέσω εκπροσώπων τους ζητούν την απομάκρυνσή του από την Ορθόδοξη Εκκλησία.→続きを読む【元記事転載終了】



認証コード(2670)

a:5653 t:2 y:0

2010年12月28日

屠畜の惨劇、家畜産業の変容が人類の課題だ!!

何度もこうした惨劇を動画で観た!
リリースすることはさすがに躊躇(ためら)われた!!
しかし、今回は敢えて、掲載する


 投稿者は菜食主義者ではない。又、それを推奨する立場でもない。かといって、あまり肉食はしない。だからといって、あくまで菜食主義者ではない。


 しかし、この動画はあまりに哀しい。仮に意図あってそう言う場面を撮影したものであるとして、差っ引いてもあまりに哀しい。動物愛護と言った感傷で云うのではない。やはり、動物も生命(いのち)の尊厳を考えなければ、なるまい。


 万物の霊長たる人間は、何でも食べる。その様に進化し、体験した存在だ。しかし、されば尚かつ、生命(いのち)の尊厳を思考出来る『葦(あし)』である。商業主義に毒された家畜産業が、ひょっとして考える葦であるところの、万物の霊長の本性を忘れているのではいるのではないかと思う。


 あるメールから、この動画を掲載する端緒を得た。これまでも少なからぬ同類ビデオを視聴してきたが、ここまでに露骨場面は知らない。意図あるにせよ、そうでないにせよ、事実は否定出来ない。生命(いのち)に対する眼差しが欠如している。まさに物質としか観ていない。


 件のメール氏は、これで肉食を躊躇(ためら)われたと仰られている。分かる。それでこそ、人間であろう。誰しも、そう思う。


 人間は何でも食べることが可能だ。その様に進化してきた。しかし、霊性が進化したのなら、何でも食べることが躊躇(ためら)われるであろう。将来はきっとそうなる。


 今、そこまで推奨する気はないが、少なくとも生命(いのち)に対する尊厳と生命(いのち)を人間の食物として供養する動物たちへの畏敬と感謝の念は忘れてはいけない。


 それにしても、それを供給する人々の所業はあまりにも哀しい。される動物の悲しさもさることながら、いかに業務とは言え、何か改善の余地はある。このままこうした惨劇が繰り返されると云うことは、生命(いのち)には、想いがある。その想いは、悪想念として人間に降りかかるであろう。


 誰かが言った。人間界の混乱は、動物に対する虐待に起因している、と。


 そこまでは言い切るつもりもないが、昔、マタギは確かに動物を多く殺したが、同時に供養を忘れなかった。供養とは、回向である。肉として、人間に供したことに対する感謝の念で、引導を渡すことだ。その事を現代の人間には欠落している。そう考えざるを得ない。


 やっぱり、こうして生産された肉を食するのは、できる限り、食うのはやめにする。

 

Video So Sad, This Is Why Many People Don't Eat Meat Graphic Footage Released Showing How Your (ビデオはあまりに哀しい!これが多くの人々が肉を食べない光景だ・・)<※残虐シーンなのでカバーが掛かっている。▲をクリックしてそれを外す必要がある。勇気のある方はどうぞ!>
http://www.youtube.com/watch?v=9-JTnkKMijE


 序でに、肉食への執着は、ここまで来るというお話。ここまで来ると、喜劇だ。


【転載開始】2009年12月03日


オランダで生きている豚の筋肉細胞を採取し、培養液で育て筋組織を作ることに成功したようだ(@w荒

味見はまだのようだが、現段階では「ベシャっとした豚肉」といった感じのようだ(@w荒


参考1



此れで菜食主義者達が肉を食べない理由として掲げる「家畜の命を奪う倫理的問題」は事実上無くなった訳だが、未だに「本物の肉と区別が出来ない可能性がある」等とヴザマな言い訳を続けている者がいるようだ(@w荒


人工肉の誕生は、欺瞞的な菜食主義者達の言い分の息の根を止めてくれることになりそうだ。

オランダの研究チームが世界で初めて人工食肉を作ることに成功したそうだ(本家/.)。

英テレグラフ紙の 報道によると、この研究では生きている豚の筋肉細胞を採取し、培養液で育て筋組織を作ることに成功したという。誰もまだこの人工食肉を味見してはいないと のことだが、現段階では「ベシャっとした豚肉」といった感じだそうだ。研究者らによると、この組織を運動させることができれば早ければ5年以内にソーセー ジなどの加工用食肉製造を実用化できると考えているという。実現すれば1頭の家畜から100万頭分以上の食肉を作ることも可能になるとのことで、温室効果 ガス削減にも効果があるとのこと。

屠殺を伴わないため「倫理的な反論はない」とするベジタリアン関連団体や動物保護団体も多いそうだが、ベジタリアン協会は「屠殺された食 肉と人工食肉とを信頼できる方法で区別することは非常に難しいと思われ、人工食肉であることを保証できるかどうかは疑問である」と懐疑的な考えを示したそ うだ。

このプロジェクトはオランダ政府及びソーセージメーカーの支援を受けており、他にも金魚の筋組織から魚肉を製造するプロジェクトもあるそうだ。【転載終了】


認証コード(4920)

a:5653 t:2 y:0

2010年12月27日

ラーメン紀行 本物のラーメンは生麺にあり!!

広島とラーメン

そして、製造直後の生麺(出汁付き)が届く 

十日市町
 麺と言えば、中国が本場だ。ラーメンと言えば、最近では日本が名を馳せているように思われる。日本人はラーメンが大好きだ。
 
 それに漏れず、私もラーメンが大好き。ついつい、美味しいラーメンに出会うと、大盛り、あるいは追加麺で量を過ぎてしまうので、極力食する回数を厳選している。ラーメンは食べ過ぎると太る。
 
 それだけに、畢竟(ひっきょう)質を選びたくなる。質と言えば、ラーメンでは麺(めん)と出汁(だし)となってくる。トッピングは大事だが、それが如何に良くても質の良いラーメンとは言えない。
 
 それにしても麺と言えば、生麺だが、これがなかなか手に入らない。殆どはゆで麺か乾燥麺だ。インスタントなどは乾燥麺が主流だし、それはそれで技術が進 んでインスタントラーメンでは日本は世界に冠たる存在だが、求める美味しいラーメンの範疇(はんちゅう)に入れ

る事は出来ない。生麺
 
 やっぱり、麺は生麺に限る。

 となると、店に行くしかない。美味しいラーメン屋さんを見つけたときは、心のメモ帳に必ず書き付ける。そして、そのメモを必ず取り出して、近くを 通るときは必ず寄ることになる。その時は、その場所に着く前から、心はラーメンモードになってしまい、ほかの食い物は眼中から消え失せてしまっている。
 
 そんな店が、広島にある。冷やし麺専門店
 
 平成も初めの頃であったであろうか、ふとしたきっかけで広島にちょっとの間住んだことがある。広島と言えば、広島風お好み焼きでその野菜たっぷりのヘル シー感が気に入って、嵌(は)まってしまった。丁度、単身赴任でもあったから、一石二丁も三丁も有ったのである。三丁と言うのは、おかしな表現だが、実に ビールと良く合うのである。すなわち、晩酌も兼ねるのには三丁と言うことになる。
 
 そんな日々、ぶらり趣向を変えて立ち寄ったのが、あるラーメン屋だった。そこは『つけ麺専門店』であった。今でこそ、大繁盛店になっており、広島では知 らない人も少なくなっている模様であるが、当時は、店もありふれた場末のラーメン店風情(失敬)で、特段の思いを持って立ち寄った訳ではない。単に趣向を 変えたかっただけである。
 
 そこで驚いたのは、『つけ麺』だったことだ。『つけ麺』今でこそ珍しくなくなったが、私は、その時が生涯で最初であった。そばとうどんでは馴染んでいた が「、ラーメンの『つけ麺』は初めてであった。気に入ったのは、トッピングにしゃきしゃきの新鮮な野菜がたっぷり、麺を隠さんばかりであった。さらに気に 入ったのは、白ごまたっぷりの真っ赤な出汁ダレ。そう『激辛』なのだ。勿論、辛さは、好みで調整してくれる。一発で嵌(は)まってしまった。
冷やしつけ麺
 
 今思えば、時候は初夏の頃であったように思い出される。そう看板には、『冷やしつけ麺』と在ったように思い出される。だから、きっと趣向を変えようと思 い至ったに違いない。『冷やし中華』は、私も馴染んでいる。しかし、『つけ麺』ではない。時候も相まって、この『冷やしつけ麺』には嵌(は)まってしまっ た。
麺と野菜

 
 嵌(は)まると言うことは、中毒に似た感覚がある。別に禁断症状はないが、思い浮かべると居ても立っても居られなくなる感覚だ。今でも時々、広島を訪れ ることがあるが、そうなると必ず、『冷やしつけ麺』が頭を支配する。大体、仕事で広島を訪れる訳だが、まずは『冷やしつけ麺』だ。仕事はその後である。そ んなことはおくびにも他人には言えないだけである。出汁ダレ
 
 地元広島出身の無二の親友が居る。肝胆相照らす仲だ。先輩だが、教養がある。取り分け、地元の広島を語らせたら、右に出るものが居ないとさえ思われる。 その親友を誘って、と言うよりも無理に付き合わして、その店に案内したことがある。それも10年以上も前だ。彼は知らなかった。ちょっと勝てた気がして、 嬉しかった。勝った負けたのはなしではないが、それだけ、その親友は広島の蘊蓄(うんちく)には長けている。
先輩
 
 その彼が最近曰く、「今、広島は激辛つけめんが、一種のブームになっている。君のあの店の冷やしつけ麺だ。」 嬉しいというか、こそばゆい。そして、続 けた。広島の『激辛つけ麺』として、もう何軒も店が出店しているらしい。系列とか、フランチャイズとかそういう細かなことは知らないが、とにかく『激辛つ け麺』ブームらしい。実際、『つけ麺』は全国的に一般化している。東京でも『つけ麺』店は多い。でもちょっと違う。良いものはそれだけに美味しいが、パン チが違う。
 
 そうこうしていると、いきなり彼が贈ってくれた。それがこの『激辛つけめん』だ。懐かしい、あのパンチの効いた『激辛つけめん』だ。麺はもっぱらラーメ ン店仕様の生麺と来ている。トッピングは自分で用意しなければならないが、出汁ダレは良く再現されている。ごまも抜かりはない。湯がきを注意して、自家製 『冷やし(激辛)つけ麺』を家族に振る舞ったら、これが受けた。
激辛つけめん
 
 これなら行ける。食い専門だが、『つけ麺の先駆者』の私としては、これならわざわざ広島まで出向かなくてもあの『冷やし(激辛)つけ麺』を堪能できる。その瞬間であった。
 
 ラーメンと言えば、九州が有名である。いわゆるとんこつラーメンは全国版だ。そして、北は北海道、さっぽろラーメンは知らぬ人はいない。そして、昨今 は、ご当地ラーメンが花盛りだ。意外と広島はラーメンの旨いどころであるとあることは最近知った。そして、北の方は鹹水<かんすい>が多く、西はそれが少 なく、従って含水量に差がある。いわゆる九州とんこつなどは、『バリ堅』とか、『超バリ』とかいう堅い麺が好まれる。九州出身のある友などは、とんこつ ラーメンを注文するとき、『超バリ』をしのぐ、『針金』とか言って、麺の堅さを指定する。初めて知った。
鹹水<鹹水とは、海水より塩分濃度の濃い塩水をいう。>
 
 これは湯がき方の加減だが、大体とんこつラーメンなどは、含水量の少ない堅い麺が多い。その双璧は、さっぽろラーメンなどは、ふっくらした艶っぽいもの が多い。含水量が多いのである。それと熟成も時間を掛けているようだ。だから、こしの強い弾力が生まれる。丁度讃岐うどんのようなぷりぷり感が持ち味だ。
 
 これは鹹水<かんすい>の加減で、含水の量が決まり、熟成の度合いによって腰が出来るのだという。広島はやはり、九州ほどではないが灌水の少ない乾いた麺が主流のようだ。これは件(くだん)の広島の友人の蘊蓄(うんちく)で聞かされた。

 
 今回贈っていただいたラーメンを、お世辞抜きで賞賛していると、件(くだん)の彼は製造元の社長を引き合わせてくれた。なんでも地元広島では有名な製麺 業の中堅企業で、知る人は知っている。会った。麺についての蘊蓄(うんちく)は、さすが2代目社長だけあって、深い。職人気質の一代目のすべてを受け継い だような方だ。どんな質問でも即座に回答する。
 
 当たり前だと思うが、麺のことについて、目からウロコの話は尽きない。家のことについて言えば、大工さんに聞けば、早いのと同じである、すべてのことに ついて今回は書ききれないが、追々書いていきたい。2、3触れるとすれば、ラーメンのあの腰は、鹹水(かんすい)を加えることによって蛋白変性を起こし て、生まれる。うどんに塩、そばに塩を混ぜて捏ねるのと同じ理屈であろう。
 
 鹹水(かんすいは)は、元はと言えば中国で、塩湖の水を使って始まった製麺法であることは承知していたが、それがラーメンの特徴を生み出す。ラーメンが 黄ばみを呈するのは、この鹹水(かんすい)の所為である。独特のアンモニア臭もこのアルカリ塩水溶液に依る。こんにゃくを固めるのも灰汁であるし、古来の 生活の知恵が豊かな食品を生み出した。死海<死海>
 
 これは現代では、堅く食品衛生法によって基準が定められていて、天然物の鹹水(かんすい)など殆どその基準に適合するものはないそうである。鹹水(かん すい)が体に良くないなどという風説があるが、程度もので、水質保全の工業用鹹水(かんすい)などを使えば別だが、殆どに使われる食品用鹹水(かんすい) は純度等厳しい規制がある。
 
 麺は手打ちや自家製麺という持て囃(はや)される傾向が一部にはあるが、大勢ではない。殆どは高性能の製麺製造機で作り出される。手打ちは名人芸は別にして、一般ではないし、小型の製麺製造機では、充分な強い麺は生まれない。もっともな話であった。
 
 こうして作られる麺でも、その殆どは業者(ラーメン屋さん、飲食業)に出回ることがあっても家庭までは行き着かない。生麺だからである。ほとんどは湯が き麺か、乾麺である。生麺には、縮れ麺からストレート麺、熟成度の違いや、先に書いた含水率の違った多種多様がある。そして、湯がき方に麺を生かすコツが ある。
 
 出汁(だし)が家庭では難しい。幸い、良い出汁(だし)メーカーの協力があって業務用仕様を家庭に提供できる事が可能になった。等々、書ききれない話がある。
 
 どうせならと、工場見学までさせてもらった。昨年の暮れ近くの頃だ。そしたら、最初に飛び込んできたものが、表彰と盾である。見れば、長妻労働厚生大臣 の名前があって、大臣賞だと言う。食品安全衛生上の表彰だという。レアものである。そればかりではない。毎年のように何らかの表彰されている。食の安全は 食品業の命である。
製麺工場 表彰状
 
 はたして、本格派のラーメンが家庭に根付くか? そんな未知の挑戦も興味が沸々と湧いてきた。今や、ラーメン名人御用達のラーメンが大流行である。しか し、作るのは名人ではない。いかにも名人御用達と謳(うた)っているが、その殆どはメーカーの宣伝文句であったり、あるいは、結構高価なだけのお仕着せ ラーメンが少なくない。
 
 ご当地ラーメンも大流行だが、御当家ラーメンもアリではないか。それを決定づけるのは、やはり、麺の質が問われる。出汁(だし)は家庭には不可欠であろ う。熱のあるご家庭なら、それも自家製を生み出すかも知れないが、トッピングまではお仕着せ過ぎよう。新鮮で良質のものは、近場で調達するのが一番だ。そ れに安上がりでもある。それこそ、御当家の御当家たる本命がそこで生み出される。
 
 そんなことを考えながら、社長と面談した。社長

 
 『麺(めん)と出汁(だし)』サイトを立ち上げる切っ掛けとなった縁がそこにはあった。この縁が、どのような結果を生むか分からない。ラーメンをこよな く愛する一人の消費者の立場で、立ち上げたサイトである。そして、その狙いは、本物のラーメンを『麺(めん)と出汁(だし)』で、提供するところにある。 それを生かすも殺すもそれを手にした消費者各位であろう。
 
 ご当地ラーメンならぬ『御当家ラーメン』をものの見事実現していただければ、望外の幸せである。(つづく)

初めての方へ
麺と出汁アイテム
レシピ
お求めはコチラ
決済方法についての説明


認証コード(5012)

a:5653 t:2 y:0

ブロックされた2010年1月28日放送のTBS朝ズバッ!-拡散-

消しても、ブロックしても無駄だ!!
しつこく拡散する!!
しつこくする理由がある
大儀、公益のためだ
TBS朝ズバッ!『みのもんた』捏造動画拡散!!


 『天網恢々、疎にして漏らさず』は、現代版『電網恢々、疎にして漏らさず』と言い換えるべきか? 必死にブロックしても、一端、流れた情報は電網に取り込まれ、折りあれば、出没する。


 早速、同志 GhostRiponさんが、見つけてくれた。のみならず、ダウンロードまでセッティングしてくれた。当然、格納した。もうブロックしても、削除しても無駄だ。徹底拡散されるだろう。


 2010年1月28日放送のTBS捏造動画は、ここにある。


 ブロックし、削除を目論むから、こうなる。海保とアッケラカン(菅)と同じだ。やましい想いがあるから隠したがるのだ。隠すから、尚、やましいと勘ぐる。そのイタチごっこは、所詮、多勢に無勢、戦いの帰趨は決まっている。


 過ちは改まるに如かず。この大前提を忘れていると、こうなる。


 大いに拡散を求む!! 投稿者はアカウントは保持しているが、動画の投稿はしていない。YouTubeなり、何なり投稿して拡散をして頂くと有り難い。


 ソースは以下から、ダウンロード出来る。

「tbsnetuzou.mp4」をダウンロード



朝ズバで森ゆうこ議員が語ったTBSによる水谷建設裏献金報道の...
http://www.dailymotion.com/video/xg8hne_yyyyyyyyyyyyyytbsyyyyyyyyyyyyyyyyy_news

朝ズバで森ゆうこ議員が語ったTBSによる水谷建設裏献金報道の捏造動画
アップロード者 torigonn. - 最新のニュースに関する動画を見る。


認証コード(2519)

a:5653 t:2 y:0

2010年12月26日

春ウコンを探して、街に出た!!

あった!!春ウコンがあった!!
日曜市のとある一角、
無農薬栽培の春ウコンに出合った......。
気さくなおばちゃん、そして、その息子さん(?)
写真にまで快く応じてくれた!


 ある情報に基づいて、散策した。目指すは春ウコン。住所の特定はしないが、地方都市の何処にでもよくある日曜市である。

Img_1428

師走だ! 門松も売っている。

Img_1436_2

目指す付近にさしかかった。

Img_1437

っん!  あった。

Img_1439

オンパレード。

Img_1440

Img_1445

自然農法のようだ。

Img_1442

講釈もしっかりしている。

Img_1451

快く、写真にも応じて下さった。ブログに載せると云うと、OK!

Img_1447_2Img_1446_3

途中、壺焼き芋をパチリ。

一つ買ったが、写真を写してくれたと云うことで、安くしてくれた。?? 気持ちが良い。

Img_1477_2

今日は寒いから、よく売れている。

Img_1479

オモシロイ野菜。ターサイと言うらしい。当然買った。何が当然かは、別にない。

Img_1482

ここにも、あった。

Img_1483

雑踏を後にする。

Img_1484

途中、オモシロイのでパチリ。

『アナタ!! 私を、借りなさいよ! どうせ3,500円のオカマよ! 』と書いてある。

Img_1485

買ってきた物を、パチリ。

包んでくれた新聞紙は、アカハタというところが、オモシロイ。

Img_1489

ついでに、秋ウコン、紫ウコンも買ってきた。

Img_1490


 


認証コード(2066)

a:5653 t:2 y:0

TBS 朝ズバ!! 小沢一郎裏献金捏造ビデオ(鮮明版)

先回に引き続いて
みのもんた氏をズバッと斬る!!
TBSを斬るのかな?
どちらでもいいや?!



 2010年1月28日放送のTBS朝ズバッは、悉く削除された。


Tbs


 正確に言うと、ブロックか。まあ、どちらでも同じこった! やましい思いがそうさせるのだ。


 

 しかし、こういう事は、『頭隠して、尻隠さず』の類で、結局はそのまがまがしい行為を、天下にアピールすることになる。前回、捏造場面の画像を掲載したが、一層鮮明な画像記録があったので、転載しておく。


 みのもんた氏は、視聴者総白痴化作戦のメディア先兵なのだろう。それを否定するなら、堂々と、弁明すれば良いだけだ。出来ないだろう?


 それにしても、同席するコメンテーターの体たらくは、自らの使命と責任に於いて、何と弁明することだろう。少しは信念と良心の発露を真剣に考慮したことがあるだろうか? 若し、それがないとしたら、『電波芸者』の同列に挙げられても仕方なかろう。

 問題動画はブロックされているが、参考になる動画を掲載しておきたい。何れも転載元から知った。


(2-2)「生ヅメをはいだ」無罪判決と朝ズバ断定有罪報道
http://www.youtube.com/watch?v=ep-ffkPQP2c&feature=player_embedded


 

TBS 朝ズバ 小沢一郎裏献金捏造ビデオ(2010年1月28日放送)

次は、東京地検特捜部が裏付けを進めている小沢幹事長側への裏献金疑惑です。小沢幹事長側は全面的に否定をしていますが、JNNは金銭の受け渡し場所に居合わせた人物の貴重な証言を得ました。カメラの前での核心証言です。

「袋は1個?」
「1個」
「袋の中には5000万円?」
「5000万円」
こう証言するのは水谷建設に近い関係者です。水谷建設側から小沢幹事長側へ裏献金が手渡されるその瞬間を目撃したと言います。

その現場とは……
「いっぱい人がいたから。ざわざわしていたから」

疑惑の舞台は都内のホテル喫茶店、2004年10月15日のことでした。
状況は……

まず水谷建設側の5人が先に喫茶店につきました。3人は離れて座り、水谷建設の当時の社長と専務のふたりが先方の到着を待つ形になりました。しばらくするとスーツを着たひとりの長身の男が現れました。

当時小沢幹事長の資金管理団体・陸山会の事務担当だった石川知裕衆議院議員…

「大久保秘書が来るはずだったが来れなくなって石川容疑者が来た」
「石川容疑者が貧乏くじを引いてやってきた」
「石川容疑者の印象は?」
「坊や、まだ学校出たばかりの坊主」
「水谷建設側はどっち側に座った?」
「こっちとこっち」
「こっちから石川容疑者が来て座った」

元社長らの正面に腰掛けた石川容疑者。ここで5000万円が渡されたと言います。
「どういうふうに現金を渡しのですか?何か紙袋なんかに入っていたのですか?」
「紙袋に、お土産用みたいな。絵が描いてあって外側がナイロンでビニールで保護してるようなやつ。

「紙袋はどこに置いてあった?」
「机の上だと思った」

テーブルの上に無造作に置かれた紙袋。
「紙袋の中は現金だけ? おまんじゅうなんかも入っていた?」
「上に新聞紙があった」
「お金を渡して石川容疑者が帰るまで何分ぐらい?」
「10分もなかった」

石川容疑者は紙袋ごと現金5000万円を受け取り、短く会話をかわすと会釈して席を立ったといいます。
「まさかこんなところでそんな大金が動いているとは思わない…」
「もらい慣れている。5000万円なんてあそこからしてみれば大金じゃない」

こうした現金の授受について、石川容疑者は逮捕前こう否定しています。

「ホテルで私に5000万円1億円を渡してよろしく頼むと、まことしやかに報道がなされていますが私は1円たりともそのようなお金を頂いて土地購入の原資にしたことはありません」

そして小沢幹事長は、
「不正な金は水谷建設はもちろんですけど、他の会社からも受け取っていないっ。」

裏献金の受け渡しがされたという10月、同じ月、小沢幹事長の地元岩手の胆沢ダム本体工事についての契約が行われ、水谷建設が下請けに入りました。

「正しい金だとは思わない。それをしなかったら誰も仕事を取れなかったのでは。その時期は。」
「小沢さんの力を期待していたということ?」

「そう思わないとどうにもならない。そういう社会。そうしないと生き残れない時代。」

特捜部はこうした裏献金が東京世田谷の土地購入の原資に充てられた疑いが強いと見て調べています。

「まあ私どもの関心は、小沢さんがね、公共事業を請け負うという建築会社から裏金としてね、献金を受けていて、そのお金がどこに流れたのか
それをキチーとわかるようにしてもらわないとね。だってもらってないと言うんでしょ。さっきのニュースだとホテルの喫茶店で渡したとか…うーん、何が本当なのかわかんない

そうですね。本当のところはまだまったく…
「真相ははっきりしてもらわないと」

            *********

現場に居合わせた人物の貴重な証言を得たと言い、裏献金が手渡される場面のCG画像までつくり、見てきたような再現ビデオを延々と流したあとで、

「うーん、何が本当なのかわかんない」( ゚ ρ ゚ )ボーーーー

みのもんた!おまん、えいかげんにしいや。そこまで人をなめたらいかんぜよ!

              **********

この証言をした「水谷建設に近い関係者」という男性は、後日「日刊ゲンダイ」の取材に応じている。
男性は本当に2004年10月5日なのかと問われて、
「5、6年前のことを覚えている人はいないでしょう。1週間前の夕食さえ覚えていないのに」「04年10月15日とは言っていない。暑くて酒を飲もうとホテルに立ち寄った。水谷の当時の川村社長、小野専務がいた。その日はホテルのクーラーが涼しかったことは覚えている」と答えている。
また、金の受け渡しは見たのか、なぜ金とわかったのか、と問われて、
「正直に言うと、知人から『聞いた』話も番組に入っている。あんなに大きく取り上げられたから、ビックリして知人に確認したが、『話は間違いない』と言っていた」と、友人からの伝聞を自分の直接目撃として話したことも自白している。
石川議員を見たのは確かかとの質問にも、
「石川は以前(別の)グランドパレスホテルで見たことがある」と答えており、石川議員を見たという証言も虚偽だったことが日刊ゲンダイの取材で明らかになっている。
それでも、TBSの広報部は「「私どもが取材した方は、放送した通りの証言をしており、放送内容には何ら間違いはありません」と回答している。

追記12-26

「証言どおり放送している」から問題ないと考えているとしたらTBSの報道姿が疑われてもしかたがないだろう。問題の核心は証言内容の裏を取るための取材をしたかどうかである。事実確認もしないで「証言どおり放送」したことにこそ問題があるのである。
-----追記ここまで-----

             **********

TBSの言うとおりこの再現ビデオが本当だったとしたら大スクープだ。検察も注目するだろうし、他局も追随して大ニュースになったはずだが実際はそうはならなかった。
水 谷建設からの裏献金が世田谷の土地購入の原資になったとの疑惑は検察の不起訴処分で消滅した。大久保秘書が起訴された裁判も「訴因変更」という形で幕が引 かれた。これは検察の不名誉な敗北を意味する。勝ち目がないこと悟った検察は看板を書き換えることで裁判を先送りにして時間稼ぎを計ったのである
*。TBSも批判を受けてこの捏造再現ビデオを引っ込めることを余儀なくされた。
*訴 因変更を認めた裁判官にも大きな問題があるが、公人であるにもかかわらず裁判官の名前をマスコミは伝えない。裁判所と検察庁が同じ釜のめしを食う仲間(判 検交流)であるという三権分立が裸足で逃げ出しそうな現実がこの日本である。ズブズブの関係と非公開の密室性が彼らの権力の源泉となっている。

しかし、この放送からほぼ1年がたとうとしている12月の今現在も、みのもんた氏は「朝ズバ」の放送の中で、いっさい問題はなく捏造はありませんと繰り返し、秘書らが3人も逮捕されたのに小沢氏は政治とカネの説明責任を果たしていないとの批判を続けている。
彼 がテレビで政治を語るときの口ぐせは「国民不在」である。これは政治家を黙らす効果のあるセリフであるが、彼のしていることは国民不在どころか、国民を欺 く行為であり、反民主主義、反ジャーナリズム的行為であると言わざるをえない。ジャーナリストとしての自覚も経験もないテレビタレントが高額のギャラで雇 われ、テレビ局の政治信条の代弁者となっている事自体が問題とされるべきである。

TBSの「朝ズバ」は、政治家小沢一郎の失脚を図る目的で悪質な捏造ビデオを制作・放送した番組としてテレビ放送史に悪名を残すことになるだろう。

【転載終了】


認証コード(3409)

a:5653 t:2 y:0

2010年12月25日

菅首相への手紙

断末魔だな!!
政権維持は絶望的だ!!
それでも居座るなら
それこそ、日本溶融だろう・・・・!


 支持母体の連合も、菅直人政権を懐疑的になっていると思われる。個々の有権者は相当民主党を見限った。いくらマスゴミのプロパガンダでも、離れ行く支持を取り戻すことは出来ない。出来るのは、偽造の世論調査支持率ぐらいだ。


042110_front

042110_reverse

<来年2月発行予定の新ドル札>




 一時しのぎは出来ても、結局、浮薄の政権維持しか出来ない。その乖離が酷くなれば成る程、鬱積が溜まる。やがて、爆発する。国民はもう沈黙してばかりはいないだろう。少なくとも投稿者などは、しらけ鳥が飛び立って久しい。


 平野さんもそう言う気分だろう。この手紙には、その気分が芬々(ふんぷん)として匂ってくる。もう、活を入れる段階は通り過ぎている。ひたすら、失政を繰り返す菅政権に露吐したため息だ。分かる。


 分かりながら、繰り返す失政にもの云わずにはおれないのだ。時は迫っているからである。来年早々には、新ドル札が発行される。激動が予見される。


【転載開始】「日本一新運動」の原点(33) ── 菅首相への手紙

Hirano090929   

 拝啓 ご無沙汰しています。臨時国会が終わって、テレビでの様子をうかがうと随分とお元気そうで何よりです。

 電波料金オークション? を諦めたようですが、さぞかし、テレビ各社の評判がよろしいでしょう。パフォーマンスが多くなりましたね。これからは支持率も上がってくるでしょう。メディア・ファシズムで白痴化した国民が多くなりましたので期待できますね。

                           

 それにしても、私達にはない貴方の才能には驚きます。縁のあった人やお世話になった人たちを、ことごとく裏切り、嘘言を気にせず堂々と世の中を渡り、日本国の内閣総理大臣に就任されたことです。

 市川房江先生は彼の世でなんと言っているでしょうか。これからは、貴方がこれまで人々に与えた嘘言や不信感がはね返ってきます。

 そこで今日は、貴方が困っている問題について、かつてのように直言しますので参考にして下さい。

■貴方は憲法政治をほとんど知りませんね。

 小沢さんを国会に招致して「政治と金」について説明させたいようですが、果たしてそれで支持率が上がりますか。私は小沢さんと30年以上付き合っ ていて、不法な金や不正な金に、一切関わっていないことを知っています。旧新生党の資金や公金を私物化したと、貴方が批判したとの報道がありましたが、自 民党が、政権を奪われた恨みでとやかく言うのならともかく、貴方が目くじらを立てるのは理解できません。

 小沢さんは国家と国民のため、日本に真の民主政治を実現しようと、法律の許す範囲で蓄積してきたのです。貴方と違って、小沢さんは自分に異常な政 権欲がない人で、この国と他人様のためという信条で合法的な資金を大事にし、ここが日本の民主政治にとって「関ヶ原」というところで勝負したのであり、貴 方のグループの人などにも配分しています。

 一昨年来、麻生自民党政権が民主党に政権を渡すまいと「日干し作戦」をとり、民主党では事務所費が払えない候補者、供託金すらも準備できない人が 多数いたことを、自分のことしか考えない貴方は知らなかったのでしょうね。選挙での台所役というのは大変ですよ。あの資金があったからこそ政権交代ができ た、と私は確信していますよ。このことは、政治について常識のある人なら理解していただけるはずです。

 さて、貴方が拘っている小沢さんの国会招致ですが、12月20日には、一時間半も二人で話したようですね。報道を見るかぎり、貴方は「政治倫理審査会」について、「何も知らないな」と感じました。

 そこで、私は衆議院事務局にいるとき、政治倫理制度をつくる担当課長でしたから、基本的なことを説明しておきましょう。

1)貴方は小沢さんに「自ら審査会に出て疑惑を説明しろ」と、規程第二条の二にもとづく対応を強要したようですが、これは小沢さん本人がどう考える かを前提にしたものです。個人の倫理観にもとづく人権として設けたものです。従って、国会とか党といった組織が強要すべきものではありません。ましてや、 政治倫理制度は国会対策や政治抗争などに利用しないためにつくられたものです。従って、岡田幹事長が「国会対策のため、小沢さんに自ら政治倫理審査会に出 てもらう」という発言には問題があります。それを行政の長である貴方が感情的で恐喝的強要を行っている。小沢さんの人権を侵害していると同時に、国会でや ることに対する重大な干渉です。メディアや有識者の多くは「小沢排除」で、既得権で生きる人たちですから、貴方と感性は同じで「社会心理的暴力行為」とい えます。

  これは法律による権利を侵害するファシズムです。

2)小沢さんは貴方の強要に対して、弘中弁護団長の記者会見の要旨を説明し、「司法手続に入った段階で出席することは避けたい」と断りました、貴方 は「小沢さんは拒否した」とマスコミにコメントして、「小沢悪人論」を印象づけ、さらに、あらかじめ調べてきた資料を使って、「政治倫理審査会でも裁判中 に出席した議員がいる」と言い、平成八年の加藤紘一氏の例を挙げ小沢さんに出席を強要したようですね。貴方の説明は間違いですよ。加藤さんは裁判が終了し たから出席したのです。貴方は言葉のすり替えの天才ですね。「裁判後」を「裁判中」と故意に言葉をすり替えたうえで、相手に強要していく。これが貴方の政 治手法で、国民はこのやり方に反発しているのですよ。

3)それでも小沢さんは応じない。そこで20日の民主党役員会で、枝野幹事長代理が小沢さんの国会招致を野党と同じ「証人喚問で」と発言したようで すね。貴方もその検討を指示したと報道されています。貴方たちは正気ですか。憲法による国会運営の基本をまったく知らないようですね。枝野さんも仙谷さん も弁護士でしょう。

  よく司法試験をパスしたと感心します。

 念のために申し上げますが、憲法の圧倒的多数説は「裁判係属中の事件で、被告や裁判官を証人喚問することは許されない」というものです。その件で国会議員を証人喚問したことはありません。例外として民間人を証人喚問した例が二件あります。

(イ)平成九年の泉井証人で、山崎拓議員に資金を渡したとの記者会見を国会の証言で確認しようというものでした。

(ロ)三木証人(山一証券元社長)は、倒産の社会的責任と政界対策が問題でした。貴方は、野党が小沢さんの証人喚問を要求しているのは、民間人の例があるから、民主党がその気になれば出来るとの意向のようですね。そんな三百代言政治は止めるべきですよ。

 もし強行すれば国会の自殺行為です。小沢さんを国会に招致すべしとの世論の実体は、私に言わせれば「社会心理的暴力装置である巨大マスメディア」 がつくりだしたものです。それを今、内閣総理大臣が悪用しているわけで、証人喚問となれば国会が乱用することになります。そもそも小沢さんを証人喚問する 理由づけに正当性はなく、さらに憲法の運用に著しく反します。完全な、「メディア・ファシズム」です。

 あっ、そうそう、大事なことを忘れていました。貴方は10月7日の起訴議決後に、小沢さんが「国会が求めるなら出席して説明する」と記者団に語っ たことを取り上げて、「国民との約束を守れ」と強要したようですね。確かに小沢さんの発言は検察審査会が二度目の起訴議決を発表した後でした。しかしその 後、起訴議決無効の行政訴訟などを行い現在では裁判のための調査が始まり、近々裁判が始まるという状況です。自分に都合のよい情報だけで、物事を推し進め ようとすることは、為政者の資格はありませんね。もっと事態の本質と動きを理解すべきです。

 最後に申し上げたいことは、貴方の失政は沢山ありますが、最大の憲法政治の汚点は「尖閣列島沖の中国漁船問題」です。逮捕した中国人船長を「沖縄 地検の判断で釈放した」とは、政府の公式発表ですが、私は嘘言だと思います。釈放の理由は検察権を超えたもので、明かな憲法違反です。これを政治が放置し ておくことは、わが国の国家機能が不全であることを放置しておくことと同じです。

 そこでこの問題の真相を解明することが、わが国の国際的信用と国内的統治の原点と思います。貴方や仙谷官房長官の国会答弁は虚偽だと私は思います。

 年明けの政治の始まりはこの問題からです。自民党も公明党も国家のあり方という基本問題ではなく、小沢国会招致という内向きの国会対策のやりとり しかできない政治家ばかりになって残念です。国会で証人喚問されなければならないのは小沢さんではありません。中国人漁船長を釈放する指揮権を発動したの は貴方かどうか、菅直人総理大臣こそ証人喚問されなければならない問題です。【転載終了】

                                                                                                                                                                                                   
認証コード(0347)

a:5653 t:2 y:0

小沢一郎議員 ロングインタビュー全容(書き起こし)

これは記録する価値がある
インタビュー書き起こしテキスト!!
転載する


 小沢一郎ほど、言った言わない、説明責任と揶揄されることが多い。そのための基礎資料にはなるだろう。前日掲載のインタビュー動画全容の書き起こしテキストがあった。


 備忘録のために転載しておく。視聴するより、読むのが得手の方もいるだろう。


【転載開始】小沢一郎議員

ロングインタビュー全容

掲載月日:2010年12月23日
独立系メディア「今日のコラム」

Ozawaiwagami

インタビューアー 岩上安身氏
原出典:本のセンセのブログ

左が岩上安身氏、右が小沢一郎元民主党代表

2010年12月23日 (木)

岩上ー 我々のようなインターネットメディアに対して、

    小沢さんに出ていただこうと考えていただいたのは

    たいへんありがたいのですが出ていただけるようになってきた

    きっかけをお聞かせいただければ

小沢ー 最近要請があった場合には出ようと心がけているのですが

    スピーディーに、ありのままを伝達してもらえるということ

    ですね。

    7,8年前は、選挙なんかでも、僕らの政権の発表や意識調査とは

    一致しなかった。最近急速にネットを使う人が増えて

    一番の特徴はその人たちが行動するようになった。

    行動に移さなかった。

    最近は量も増え、行動に移す人が増えた

    既存のメディアよりも、ネットの方がいいと思う

岩上ー ツイッターなどで呼び掛けて、例えば検察がおかしい、

    ということで呼び掛けるとデモをする。

    見知らぬ人たちが1000人くらい集まったりする

小沢ー ほ~、そうなんですね

岩上ー 情報開示の請願書などで

小沢ー 国民が直接行動するというのが、インターネットで

    量も質も増えてきたように思います

岩上ー 恣意的な編集が行われないというのが

    信頼感のベースにあると思います

    まずは、年明けすぐにでも裁判に臨むかもしれない

    立場なんですが

    強制起訴という結論が出ています。

    先日、主任弁護士になられた

    弘中弁護士が記者会見されまして、、

    被告人の人権というものをきちんと守ってもらいたい。

    そこの折り合いをつけてもらいたい、と会見しました。

    質問させていただきます

    弘中先生と言えば村木事件の主任弁護士でありますが

    選任の理由は?

小沢ー 僕の知り合いの議員で、弘中先生と懇意にしておられる方がいて

    経験の多い人を裁判に臨むには弘中先生が一番適当だという

    推薦がありました、皆さんが勧めてくれたので

岩上ー 弘中先生の方針はどうなんでしょうか

小沢ー 基本的には話していない。ただ、自分自身のことについて

    弁護側として必要なことは私に聞いていただければいいので

    打ち合わせは全くしていない。

岩上ー おまかせしている>

小沢ー 僕は何も不正なことはしていない。

    強制捜査を1年やっても不起訴になったわけですから、

    僕としては最初から隠し立てすることもないし、

    不正は何もない。あとは先生方にお任せする

岩上ー 説明責任を果たせという周囲の声がありますが

    いつもオープン会見をしておられる。

    毎週毎週同じ質問がある、

    その部分だけ、オンエアーされるという

    これは何でこんなことが起こるのかが不思議で、

    全部見せればいいのではとおもっていたんですよ。

    どんな思いで記者会見をつづけておられたのでしょうか

小沢ー 一人の人間として、国民全員に説明するのは不可能。

    だからメディアに

    説明している。どなたでもおいでくださいと、

    記者クラブ以外でもどんな人でもいいですよ、

    という方針でやりましたし、既存の大手メディアから、

    けしからんと言われる理由だったと思いますが、

    本当に改革しようとすると、

    旧体制で既得権をもっている人は反発するにきまっている。

    その旧体制の中で一番既得権をもっていたのが

    メディアじゃないでしょうか?

    情報独占ですから。情報だけでなく、

    いろんな既得権をもっているから。

岩上ー 世論を喚起し、作り上げるとか

小沢ー 既存メディアに本気で挑むと思われているのかもしれませんね

岩上ー クロスオーナーシップについてどうですか?

小沢ー 事実上すでにお題目になっている。徹底しなければならない

    同時に、テレビ、電波の免許、新聞の再販も、

    みんなこれは独占権なんですよね。

    ある程度 競争の原理を入れないと、小泉流とは違いますが、

    そんなこと言うから余計にらまれる(笑)

岩上ー この間 政倫審に出席せよというのがありましたが

    岡田幹事長に書面で出席しない、ということを言われました

    このあたりの理由をお聞きしたい

小沢ー 政倫審は私がロッキードの時に作った。

    捜査を受け司法の場に該当していなくとも、

    政治家が国会の場で説明するという政治的な趣旨なんです。

    政治家としての行為規範に著しく違反した場合に

    説明するということになっています

    去年の三月から強制捜査があって、検察は不起訴でしたが、

    強制起訴になりました。その意味では司法の場に映っている

    三権分立の観点から、

    既に司法の場で検討されようとしている問題を

    さらに立法府でやるというのは原理的に反する

    それを棚に上げたとしても、

    ぼくが出ることによって国会の議論がスムーズに行くとか、

    支持があがるとか、そういうことがあるなら

    出ることはやぶさかではない

    僕が障害になって、野党が審議拒否する、ベタまけする、

    とか、政治家としては

    現実には、私の問題よりも国会運営の問題

    経済だ、社会保障だ、という問題でもっとしっかりせいと

    国民は言っているのではないか?

岩上ー 岡田さんはなんとおっしゃった?

小沢ー 一対一の話だからよくないとおもいますが、

    わたしはさきほどのような趣旨のことをいいました。

    ただ、彼自身は、国会運営でも、

    あらかじめ野党と話し合うべきではない、

    ということをいっているようです。

    そうすると、どうやって国会運営をすると

    いうことになっちゃうんですが、

    お前さん自身の問題だ、ということを言いました

岩上ー 国会対策を認めないという話になりますと、取引が交渉で

    行われてきたのが根回ししてない、ということになりますね

小沢ー 多分、明確に問答があったわけじゃないですが

    そういうことは

    よろしくないとおもっているようです。

    そうすると僕としては、原則の論理に戻る以外ないので

    みんなのためになるなら出るけれど、そうでないのであれば、

    既に司法の場に出ているのだから、それで決着すればいい

岩上ー 菅首相は感情的になっていたというはなしがありましたが

小沢ー いや、岡田さんとおんなじでしたね。

    ともかく出席してくれと。

    既に司法手続きに入っていて、

    国民の前にオープンになっているんだから

    それで決着すればいいんじゃないか。

    先ほどと同じように

    原理論を棚上げしたとして、

    いろんな意味で役に立つというのであれば

    出ることにやぶさかではないが国会は動かない

岩上ー 西松事件の話、検察審査会の話を国民は知らない。

    例えば去年3月、逮捕されたんですが 

    今年の5月、訴因変更が行われて中身が変わっている、

    実質事件が消えているのに、

    この話が全然報道されていない。

    検察審査会の議決の内容が全く公開されていない

    民主党議員の方々が情報公開請求をしたのだが

    黒塗りで全く分からない状態だった。

    次の段階である程度明らかになってきた

    二度目の議決に問題がある。それまでになかった話が

    加えられている。

    おかしいのでは?

    審査員になった一般人の平均年齢が

    三回も変わるという不思議なことが

    おこっています

    お話できる範囲で

小沢ー 当事者ですから、今の制度そのものについての論議は・・

    ただ、党の法務部会でも、二回目の議決についても

    ちゃんと提出しろ、という議決をしたようですけれども

    計算間違いやら何やらはあったと思いますが、

    政治資金収支報告書についての計算間違いと

    報告の間違いはあったかとおもいますが、

    裏金とか、資金を隠そうとか、

    そういうことは全くしていないし、

    秘書たちも全くしてないので、

    しっかりと法廷で明らかにしていきたいとおもっています。

    政治資金そのものについても、

    一般行政についても日本はクローズドな社会である。

    何かあると規制ばっかり増える。

    官僚の権限が増えるだけで

    1円から政治資金は明らかにする。

    何に使ったのかまで全て国民が分かれば、

    次の選挙でおとせばいいんだし、

    そういうことが余りにもクローズドだから、

    ヨーロッパ並みにオープンにしなければ

    ならないというのはこれからの課題だと思います

岩上ー 小沢さんは情報公開してきたと思うんですよ。

    検察や検察審査会も情報公開してもらわないと困りますよね。

    最高検がようやくやり始めましたが、それでも録音禁止ですし、

    フルオープンではないです。

小沢ー 一番の権力は大きなメディアです。

     それが正確に伝えさえすれば、

     かなりの部分オープンになると思うんです。

     最近の記者は、本人に裏を取るということを

     ほとんどしなくなっている

     自分達の都合のいいように報道しちゃいますから。

     大きなメディアがもっと正確に真実を報道してくれたら

岩上ー 可視化ということだと思うんですが、

    取調過程の可視化というのが

    マニフェストにはいっていた。今、ちっとも進んでいない

    どうお考えですか

小沢ー それは日本社会をもう少しオープンにしようとすることの

    一つです。

    行政は権力ですから、

    それの内容はなるべく少なくするようにするのが

    政治ですから。

    しかし今言ったように、おおきなメディアが、

    きちんと勇気をもって真実を語れば、

    日本社会はもっともっと透明になると思います。

    自分達が既得権をもっているから、

    それをやりきれないんですよ

岩上ー 50を過ぎてからこんなことやろうとは思わないわけで

    新しい可能性があると思うんですが

    どうしても前からお聞きしたいことがあります

    巨悪を検察が倒すという構図が

    田中角栄首相が逮捕され追われた。

    あの時正義の味方なんだな、と思い込んでいました

    ところがどんどんどんどんそうではないんではないか?

    ジャーナリストになってからはますます

    ふりかえってみてロッキードはどうなんですか?

小沢ー 悪いことをすればどんな権力者であれ罰せられる、

    それは当然

    政治というのは、日本の国の存否、国民を守るという

    意義がありますから

    単にお金だけの問題に矮小化しちゃって、

    スケープゴートに誰かを立てて、

    それでその場を通り過ぎようとするのはいけないし、

    日本はそれが多い。

    じゃあ、どうしたらいいのか、というところに、

    おおきなメディアが議論をもっていこうとしない。

    こいつさえいなければ全ていいんだ、

    というのはおかしい。

    それは既得権益を守ろうとする動きなんだ

    僕はそんなに不安がる必要なないと思うんですが、

    誰かをスケープゴートにして問題を先送りしてきた。

    日本の政治は悲劇だと思う。

    もっともっと本当の所に迫っていってほしい、

    事実を伝え、真実を語り、

    あとは主権者たる国民が判断をするということになればよい

岩上ー ロッキードでは違法な取り調べが行われていた

小沢ー あの時は最高裁が裁判官単位で免責したんです。

    日本のシステムがないのに。日本の司法に大きな汚点を残した。

    民主主義国家ではあり得ない汚点

岩上ー あれなら免責して勝手なことしゃべらせればいい

小沢ー

岩上ー 背景にアメリカの圧力があった

小沢ー 国際政治の舞台ですから知る由もないですが

岩上ー 外国からの圧力というのはあり得るんでしょうか?

小沢ー アメリカが直接それをやるというのは思いませんけども、

    米政府が時の内閣をつぶそうとするような

    意図的なことをやろうというのはないと思いますけどねえ

岩上ー そうですか~?(笑)

    日米関係に注関係についてお聞きしたい。

    鳩山内閣が崩壊したプロセスをみると、

    普天間辺野古への移設がネックになったと言える。

    鳩山内閣の運営の問題だったというんですが、

    去年ロバートゲーツが来日していらい、

    私 外務大臣の会見に毎日いっていて難じるような

    雰囲気だったことを感じておりました。

    アメリカの圧力はどう掛かっていた?

小沢ー 鳩山内閣をつぶそうというのではなくて、

    ゆうとおりせい、ということなんでしょうね。

    鳩山さんは沖縄のことを考え、

    国外あるいは沖縄以外と一生懸命努力した。

    しかし、外務省、防衛相は全てアメリカの言うがままだった。

    それを乗り越えるのは大変だった。

岩上ー それらが米のいううがままというのはどういうことか?

小沢ー アメリカは日本の復興を助けてくれたのは感謝する。

    しかしその中で官僚も何となくアメリカに依存するようになった。

    依存するというのもあるが、アメリカの言うとおりにしていた方が楽だ。

    国民もこれはよくない。日本国民が舐められて、信用されない、

    これが一番の問題だ。

    日本人が自分の意思をもって自分で考えて行動する

    これがないから信用されないんだ

    同盟は対等な関係であって、対等な関係ではない。

    一方アメリカにしてみると、その方がいいと思う節もある。

    でも、本当に彼らが深刻になった時、彼らだって頼りがいのある国が

    同盟者じゃないと困るはず。

    彼らだってそういうことを考えているはずだ。

    でも、情けない現実が存在する

岩上ー 93年細川内閣

    樋口レポートがあまれて、多角的安全保障というのが言われた。

    また対等関係をうたったんだが、またつぶれた。

    アメリカと対等で相対的に自立してパートナーシップを取ろうとすると

    既得利権をもって楽していこうという官僚財界の思惑

小沢ー それの方が強いですね。それに何も言えない、アメリカも

    前線に大兵力おく必要がない、という戦略に転換している。

    実際沖縄にそんなに海兵隊は今いないですよ。

    日本が自分の考えがないためにそれが言えない。

    自己主張するためには、自分で一定の責任を負わなきゃいけない。

    結局日本人っていうものはそういうもんだ、

    押しつけてカネ出させておけばいいんだ、

    日中も日韓も腹の中では相手にしていない。

    そういうなかで平和が続いていればいけれど、

    マグマがたまりつつある

    中近東だっておんなじだ。

    自分というものをきちんと持っていないと、

    波に翻弄されてついには沈没ということになりかねない。

    日本は日本の役割、アメリカにはアメリカの役割、というものが

    ある。その国力やその条件に応じて役割を果たす、これが対等ということ

    の意味です。何も日本が軍事力を増強して云々という話じゃないんだ

    これからのことを考えると危うい

岩上ー 国内のまとめ役をやった。

    今回のイラク戦争、アフガニスタン戦争と93年の戦争とはどう違う

小沢ー それはないとおもいます。93年の時は大義名分がある。

    だから国連も承認した。

    それで僕はいろんなことを考えて輸送機にエジプトから飛べるように

    することで許可取ったりとか、輸送船兵站を担当してくれ、

    後方の野戦病院も担当してくれ、飛行機での輸送物資を担当してくれないか、

    といろんなことを言ってきた。

    最終的に内閣として決断できなくて、何にも出来なくなった

    アメリカから屈辱的な話された。

    日本の油のタンカーは23席ペルシャ湾にいる、

    自分達の商売のためなら行くのか、

    国際協力だと危ないから断るのか、

    どういうことだ?といわれました。米大使から。

    戦争終わってからそう書いて言った。

    その連中が帰ってきてその連中を慰労した。隊長が言った

    「アメリカのカウンターばp-とに申し訳なかった」

     僕はそういう意味で、実戦部隊を派遣してとか言っていない。

     日本で可能な限りのことをすべきだと

     後方支援も内閣法制局は密接不可分の行為だから、憲法違反だ

     といった。

     戦争というのは兵站。その意味では正しかった。

     イラクの後方支援までは攻撃及ばないし、やれるじゃないか

     今度小泉になってから「後方支援は憲法違反じゃない」と

     言い始めた

     内閣法制局はお上の象徴だ

     政府は自分の政策のために法律作って出す、国会に

     内閣に法制局はいらない。

岩上ー 官僚をおこらせているりゆうですかね

小沢ー 国際政治で言うと、ブッシュ・ジュニアの時代は

    アメリカの単純で悪い部分が出た。

    俺たちの戦争だ、と言った。

    国際合意は必要ないといって戦争を始めた。それでやって、

    フセインは大量破壊兵器はないといってたのに倒しちゃった。

    俺の戦争だといって困ったら助けてとった。

    自分で始めた戦争なのに自分でしりぬぐいをしなさい、と

    アメリカ大使に私は言った

    もう一つ変なのは、ない、と言ってたわけなのに、イラクには侵攻し、

    核持っているというやつを話し合うというのはどういうことだ

    筋道が通らんじゃないか、と。

    現実には北に進攻できない。イラクは武力討伐、

    北は交渉、どういうわけだ。

    その代わり、日米のためにも日中のためにも、友好のために

    一生懸命やっているから、ちゃんと聞いてくれる

岩上ー 5分延長します

    日本が国際社会の力学の中に置かれている

    中国がノーというだけできた北侵攻は不可

小沢ー 中国は現状維持ですから。

    ぶっ壊したらごちゃごちゃになって朝鮮族というのはもともと

    いっぱいいる。

    国民の交流が激しくなって統治の上で非常に困る。

    その気持ちはわかるけど、

    あんな乱暴は止めさせなきゃだめだと言わなきゃいけない。

岩上ー 半島問題非常に緊迫している。

    中国の指導者たちと話し合う可能性はありますか

小沢ー 背景は中国だから、中国が多民族の大きな国家だから

    強い権力でやらないと統治できない。それはわかる。

    しかし民主主義の手法に徐々に変えていかないと

    政権の限界がくるよ、と私は言った

    相手は中蓮部の議長

    こきんとうさんと会うということで、

    ビスコンティの

    「かわらないためにはかわらなければならない」という言葉を

    こきんとうにおくった。

    かわらないとだめになるよ、と直言した。

    短い言葉で彼に送った。

岩上ー 誤解している人も多いと思うんですが

    小沢さんを中国におもねっていると言っている人間も多い。

    中国の利益におもねっているという人もいる

    代表選の時、菅さんと決選をやった。

    演説をしていたとき、領土問題を述べていた

    中国に対するけん制のように聞こえました

    そういう意味でおっしゃりたかった?

小沢ー 前から言ってますからそれは。前から中国にはね。

    尖閣諸島は中国の支配下に入ったことは一度もない。

    琉球の一部だ。

    だから日本の領土だ、そこは絶対譲らんよ

    とうしょうへいにまかせたもんだから

    もう20年たってるじゃねえか。

    もう解決しなさいと。

    日本の領土ということで完全決着だ。曖昧にはできないよ!

岩上ー 稚拙な対応 アメリカ頼み、いきなり釈放

    小沢さんだったらどう対応していましたか

小沢ー 事実通りであれば、明らかに領海侵犯だから

    法に照らして処分すべき。

    釈放の決定を那覇地検の次席検事が発表。

    これはまったくおかしい。

    役人が国際間の重大問題に関が見て釈放とか逮捕とか、

    そんなバカなことはあり得ないことですよ

    民主主義国家として。政府が決めるべきです。

    それ以上に大事な国益にかかわる問題だから、

    政府がしっかり言わなきゃいけない。

    一官僚にいわせるなんておかしい。

岩上ー 実際は

小沢ー 事実上命じた

    あれは那覇地検が決めたことというのは禍根を残す

岩上ー 内閣がきちんと決断し、生じる責任を政治家がとる

小沢ー 国民を代表する政治家が責任を取らないといかんですよ

岩上ー 政治主導という話が出た。

    枝野氏が「主導はうかつだった」

    企業団体献金禁止をころっと変える、消費税も変える

    ことごとく09年マニフェストをひっくり返すのは納得いかない

小沢ー 国民の皆さんに約束したことは守ろうという努力を一生懸命

    旧来の体制でやったらカネがないに決まっている

    現実の壁があったから我々の理想の旗を捨てるというのは

    それじゃ国民に申し訳が立たないし 見放されていくに

    きまっている。

    そこは、それぞれ民主党の議員それぞれが使命・責任を

    強く認識しないといけない。【転載終了】


認証コード(4736)

a:5653 t:2 y:0

2010年12月24日

再び、小沢 一郎の真実!!

70分ノーカット
小沢元代表が「菅内閣は早晩見放される」と喝破!
胸のつかえが取れる!!
既存マスゴミからの洗脳から目覚めよ!
我らが日本を守れ、生活を守れ、基本的人権を擁護せよ!!


 この重大事項を、まだ気づかないのか? 
 誰のための国か? 
 日本は日本国民のためにある。
 主権者は国民である


 今、主権者国民を擁護するのは
 小沢一郎を置いて他はない
 そんなことも分からないのか
 国民の生活を守ると言うことは
 即、日本を守ると言うことなのだ

Stt1012222235005p1


 アメリカのために日本は存在するはずはない
 ましてや、
 アメリカに飼われた走狗たちに
 良いようにされてたまるか


 メディアは、
 マスコミは
 アメリカの走狗である
 評論家
 電波芸者は
 アメリカの走狗である


 アメリカは
 軍産複合体の走狗である
 CIAは軍産複合体の走狗である
 軍産複合体は戦争屋である
 そのために
 近代有史以来、
 アメリカは戦争をやり続けてきた


 軍産複合体は
 世界支配勢力の巣窟だ
 アメリカはそのために国力を疲弊させてきた
 アメリカ国民はその犠牲者だ
 世界支配勢力は
 全ての国の寄生虫である


 そんなことも分からないのか?


 その寄生虫が
 今度は日本を標的にしている
 これは明らかなことだ
 だから、朝鮮動乱
 日中戦争を画策している


 この事は
 調べれば、調べる程
 明らかなことだ
 明々白々のことだ


 その傀儡は
 アッケラカン(菅)になった
 魂を売った菅直人は
 日本国民の魂も売り渡そうとしている


 そんなことも気づかないのか
 そのために小沢一郎を抹殺しようとしている
 明らかに醜い牙をむき出しにした
 あの魔性の顔を見抜けぬか?


 小沢を抹殺し、
 挙げ句、日本の魂を抜き取り
 富も理性も剥ぎ取って
 世界支配勢力の配下の軍産複合体
 その走狗アメリカ、その又走狗の売国奴


 日本の走狗たちに
 全てを明け渡そうとしている魂胆を
 見抜けぬなら
 日本は滅び
 日本国民は路頭に迷うことになる


 必ず、そうなる
 目覚めよ
 もうそんなに時間はない!!

 

小沢一郎衆議院議員 2010年12月23日(70分ノーカット)
http://iwakamiyasumi.com/archives/5300

101223小沢一郎衆議院議員 from iwakamiyasumi on Vimeo.


【転載開始】2010年12月24日 (金)

Photo

小沢元代表が「菅内閣は早晩見放される」と喝破

 小沢一郎民主党代表が岩上安身氏のインタビュー番組に出演された。マスメディアはインターネット報道を閲覧して、内容を報道している。
 
 新しい時代の情報発信のモデルケースが提示されている。
 
 小沢一郎氏は情報発信の手段としてインターネットを最重要視し始めた。マスゴミは事実を歪めて報道する。政治権力-警察・検察当局-マスゴミが結託して、一方通行の、偏向報道を土石流の如くに流布すれば、基本的人権など吹き飛んでしまう。
 
 これを平野貞夫元参院議員は「メディア・ファシズム」と表現して民主主義の危機だと訴える。
 
 政治権力-警察・検察当局-マスゴミは、すべて悪徳ペンタゴンに属する利権複合体の一味である。米国を後ろ盾とする利権複合体の悪行に立ち向かう人間は、「平成ファシズム」によって激しい攻撃を受ける。
 
 この巨大な力に立ち向かうには、歪んだ情報空間に効果的な風穴を開けることが不可欠である。
 
 その風穴として作動するのが、インターネットと単行本である。
 
 9月14日に実施された民主党代表選に際しても、インターネット領域では小沢一郎氏を支持する世論が圧倒的に強かった。
 
 マスゴミが発表する世論との隔絶は想像を超えるものだった。マスゴミは世論をねつ造している。マスゴミが発表する「世論」は真実の「世論」ではない。
 
 しかし、一般市民は、常に感覚を研ぎ澄ませておかねば、マスゴミがねつ造する「世論」の餌食になってしまう。
 
 小沢一郎氏が昨年5月11日に民主党代表を辞任していなければ、小沢一郎政権が誕生していた。おそらくいまも小沢一郎政権が持続していたと考えられる。
 
 小沢一郎氏が民主党代表を辞任したのは、昨年3月3日に小沢氏の公設第一秘書の大久保隆規氏が逮捕され、これを材料にマスゴミが小沢一郎氏を激しく攻撃し続けたからである。
 
 小沢代表は引責辞任したのではない。迫り来る総選挙への悪影響を考慮して、筋を曲げて代表を辞任したのである。
 
 大久保氏が逮捕されたのは、新政治問題研究会と未来産業研究会からの献金を事実通りに記載したことが「虚偽記載」とされたためだった。ところが、本年1月13日の第2回公判で西松建設元総務部長岡崎彰文氏が証言台に立ち、大久保氏に対して二つの政治団体に実体があるとの説明をしていたことを明らかにした。
 
 つまり、大久保氏の収支報告書への記載には何の問題もなかったことが明らかにされたのである。
 この事実を各紙が号外で伝えなかったことは奇異以外の何者でもない。

 
 検察史上最大の汚点を印したと言って過言でない。検察の不正な暴走が内閣総理大臣の系譜をひっくり返してしまったのである。
 
 この大不祥事を隠蔽するために実行されたのが、本年1月15日の石川知裕衆議院議員、大久保隆規氏、池田光智氏の逮捕だっ た。2004年に取得した不動産の報告が2005年にずれたことが「虚偽記載」だとする逮捕、起訴だった。しかし、その後の関係者による調査によると、当 該不動産が農地で転用許可を得ないと移転登記ができず、その結果2005年1月の移転登記となり、収支報告が2005年分とされたとのことである。
 
 そうだとすると、これも「虚偽記載」ではなく、適正な報告であったということになる。
 
 小沢氏や小沢氏周辺に対する犯罪視報道は明らかに不当なのである。
 
 これらの重要事実を、マスゴミが一社でも詳細報道したか。
 
 日本は本当に恐ろしいファシズム国家に堕している。
 
 民主党の菅直人氏、仙谷由人氏、岡田克也氏、渡部恒三氏、前原誠司氏、枝野幸男氏、玄葉光一郎氏などは、平成ファシズムの加害者である。
 
 小沢一郎氏に対する卑劣で不当な攻撃を糾弾せず、マスゴミと手を携えて小沢一郎氏を攻撃しているのだ。
 
 小沢一郎氏がインターネットを重視するのは当然である。恣意的な加工、悪意の介在なしに小沢一郎元代表の肉声が市民に直接届けられるのだ。
 
 このなかで、小沢一郎氏が菅直人政権について、「早晩国民から見放される」との見通しを示した。慧眼恐るべしものと思われる。
 
 拙著『日本の独立』にも書いた。「信なくば立たず」である。菅直人氏の行動は人の道を踏み外している。「矛盾」があれば、何事も永くはもたない。【転載終了】


認証コード(3077)

a:5653 t:2 y:0

みの もんた!! 必死にTBSの捏造報道を否定した!!

いやはや、語るに落ちるとはこの事だ!
静粛にいれば、化けの皮も剥がれまいに・・・・
お調子者のピペット(繰り人形)は、
うっかり、本性を晒す!!


 電波芸者の第一人者は、みの もんた氏と相場が決まっているが、調子に乗って、確認もしないでTBSを擁護しようとしたのだろう。却って、それが馬脚を現す結果となった。

Img_956690_59026608_0


 TBSの捏造報道は、実在した。小沢一郎の『カネと政治』論議は、すべてマスゴミの捏造に依って作り出されたものだ。それで、洗脳された『白痴』視聴者が如何に多いことか? 『白痴』視聴者というのは、言葉が悪いが、それよりも問題なのは、その上を行く『白痴』コメンテーターが存在することである。視聴者は洗脳されれば、白痴にもなる。投稿者とて、同じだろう。


 『白痴』コメンテーターは頂けない。


 これが、問題の森ゆうこ議員のTBS報道の捏造指摘。4分以降をご注目! 


http://www.dailymotion.com/video/xg45xi_asazuba3_news#from=embed


asazuba3
アップロード者 thinkingreed. - 入りたてのホットなニュース動画


 それに対し、話題を政治団体献金問題にすり替えるみの もんた氏。その後、後の番組にで、捏造報道がなかったと力説したらしい。(残念ながら、その番組は観ていない。見る気もしなかったが・・・情報筋からの連絡) 


 

 それが、語るに落ちるみのもんた氏発言だ。ヨッシーさんからの貴重情報が以下の転載情報だ。これは拡散する必要がある。汚れきったマスコミ、その片棒を調子づいて担ぎ回る、電波芸者のみのもんた氏を暴く必要がある。


 電波芸者と言うからには、相当ギャラを弾んでもらっているのだろう。それにしても公正であるべき報道番組にキャスターとして出る資格など、到底ない。芸者なら芸者らしく、太鼓持ちをするのは自由だが、報道キャスターなど断じて登用すべき人物ではない。


 


【転載開始】TBS捏造報道のダイジェスト画像さらします!みのさん!うそつきは辛坊のはじまりです!

番組に出演した森ゆう子議員に、”水谷建設から石川議員への裏献金受け渡し現場の目撃証言”という事実無根の捏造報道をしたと指弾されたTBSの朝ズバですが、後日、司会のみのもんたが番組の中で、”森議員の捏造報道という指摘は事実無根”とくりかえし報じてたようです。

しかし、TBSの捏造報道の事実は事実無根ではなく実在しました。その証拠のダイジェスト画像をさらします!

森ゆう子議員は、彼女が事実無根の指摘をしたと繰り返している番組に抗議し、再度の番組出演で事実関係を明らかにすることを求めたようですが、 TBS側は彼女を黙殺し続けているようです。しかし、動画をいくら削除してもすでに証拠はあがって拡散しつづけています。うそつきは辛坊の始まり・・みの もんたもTBSもいいかげん観念したほうがいいですね。

問題の放送内容を見ると、多くの人が”小沢氏が不正な金を受け取っている”と思ったとしても当然の内容です。世論調査で8割の人が小沢氏がクロだと 思っているのも当然の結果といえます。こんなテレビ番組のようなマスコミ報道で、無実の人間が犯罪者に仕立て上げていくんデスね。

マスコミと検察が結託して作り上げるこうした冤罪の構造を見せられると、真実が隠蔽され、うそにより国民世論が作り上げられていく恐ろしさと、そんなデタラメが日常的に許されるこの国の底深い闇を実感させられました。

”水谷建設裏献金受け渡し現場の目撃証言!”と称して、今年の1月28日JNNの独自情報として、TBS朝ずばで放送された内容を、ダイジェストにして画像しましたのでご覧ください。ここまで手の込んだうそを作るのかと愕然とさせられるはずです。
(クリックすると拡大します)
128

こうした手の込んだスクープ報道を仕込んでまで、ガセネタの情報洪水が作られ、小沢=政治と金=悪という世論誘導が行われた現実をみなさんはどう考えますか?
わ たしは、こうした捏造報道で世論操作をしても許される強大な権力を持った存在が、事実無根の”政治と金”事件をでっちあげてまで、小沢一郎という政治家を 抹殺しようとしていることは、逆に小沢一郎という人物が、日本を長年支配してきた強大な権力と対峙する政治家である証ではないかと思いました。
検察審査会の二回目の起訴相当議決で、強制起訴され裁判に立たされる小沢一郎ですが、二回目の審査会が開かれた証拠どころか状況証拠は皆無のようです。
小 沢つぶしをねらう勢力により、小沢一郎氏の国会証人喚問が求められていますが、架空の議決を捏造した疑惑が濃厚な検察審査会の事務局員とそれと結託した補 助弁護士の証人喚問こそ実現させて、適当な疑惑をでっち上げることで日本の政治を裏支配できる検察審査会というツールの危険性を白日の下にさらす必要があ ると思います。

増長するマスコミの捏造報道は許せません!

この情報を拡散するためにも応援よろしくお願いします!【転載終了】


認証コード(0986)

a:5653 t:2 y:0

2010年12月23日

Webサイト(ホームページ)構築のすすめ!!⑧

Webサイト『麺(めん)と出汁(だし)』を作っていた!!
目的は実践である!挑戦である!実証である!
それは、Webサイトを活用したマイクロビジネス!!
ダイレクトレスポンスマーケッティング(DRS)の実証にある!!


 マイクロビジネスと言うより、ウルトラマイクロビジネスと言うべき、代物だ。


 何故か?


 唯一人で、他人に頼らず、一部始終完結するビジネススタイルだからである。


 それは、可能か?


 可能である。可能ならしめる目論見がある。で、宣伝広告を開始したい。


 金玉さんが、物々交換システム(MOMO)を開設した。それを軌を一にしたのは、不思議である。そう言う気風が、世にあるのだろう。これからは個の時代だ。組織から個への昇華だ。


 という思いで『Webサイト(ホームページ)構築のすすめ!!』シリーズを書いている。

Foodbg


 勿論、ビジネスは一人で出来るものではない。物一つにせよ、多くの人々の手を経て、作られる。そして、届けられる。そう言う意味では、何もかも一人で出来るわけではないだろう。それはそれとして、それらの物を、価値を与えて流通させるのは、情報の流通が欠かせない。


 商いというのは、情報の流通であろう。それはWebに勝る物はない。マスメディアがこれまでそれを支えてきた。これからも直ぐには変わらないだろうが、大きな変化の兆しがある。情報のWebによるウエイトが大きくなると云うことだ。これは間違いないだろう。

Men


 本もデジタルに変わる。電子ブックという奴だ。これは数年以内に席巻するだろう。レコード・テープがダウンロード音楽配信になった如くになる。そう確信している。


 その情報の伝達には、Webサイト(ホームページ)基地を構築する必要がある。それが『Webサイト(ホームページ)構築のすすめ!!』シリーズである。この事は重要だ。気づいている人も多くなったが、まだ少ない。今からでも遅くはない。急ぎ取りかかる価値はある。


 ある方は、触発されてそれをした。ある切っ掛けで、毎日、数千人にその情報が流れるようになった。とても為になる情報がそこにはある。きっと、生死を分かつ人々も登場するだろう。そんなことは、単なる本の出版、講演会、その他で成せる業ではない。ましてや、一人ひとりの面接では、埒が開かない。


  人は誰でも、Webサイト(ホームページ)基地を構築する事さえすれば、唯一人でウルトラマイクロビジネスを起業出来る。


 すでにこうしてサイトを作ったで、その作り方については報告した。意思さえあれば、簡単だ。今回は作り方については、省く。先に進む。


 つむじ風ねっとはそうして作ったものだ。それは当ブログの貯蔵版&Webサイト(ホームページ)だ。セキュリティーの意味合いもある。実はそれよりも先に、実業的に幾つもWebサイト(ホームページ)を作っている。ほとんど温存しているだけだが、知っている人は知っている。


 今回は、WebサイトWebサイト『麺(めん)と出汁(だし)』を紹介したい。これはWebサイト『三方両得どっとコム』のサブドメイン版である。Webサイト『三方両得どっとコム』が、ドメインでその中に幾つもサブドメインを作った。ドメインが何で、サブドメインが何かと言うことは、こうしてサイトを作ったで、挑戦して頂けると直ぐに理解されるので、今回は詳細には触れない。

Mentodashi

Webサイト『麺(めん)と出汁(だし)』

Sanpouryoutoku

Webサイト『三方両得どっとコム』


 必要とあれば、又書く。


 言いたいのは、こうである。Webサイト『三方両得どっとコム』は、マイクロビジネスの基地局だ。情報のコントロールサイトである。Webサイト『麺(めん)と出汁(だし)』は、ショップサイトである。麺好きの投稿者としては、縁あって、作り得た最初のショップサイトだが、あまり貢献はしていない。これからだ。全く、リンクしてなかったし、宣伝もまだだ。


 だから、これから宣伝・広告したいと思っている。何事も、縁あってこそ、始まる。その縁とはこれである。一度、読んで頂ければ、嬉しい。


 今日のところはこの位にして、お気の召す方は、生麺の美味しさを味わってほしい。ご注文を戴いた日、もしくは、翌日に製造した物をその日に、クール宅急便(ヤマト)でご自宅まで配送してくれる。


 麺の蘊蓄(うんちく=知識)については、Webサイト『麺(めん)と出汁(だし)』に書き込んだ。セールスレターにも書いた。しかし、誰も読んだことのない珍しいセールスレターだ。読んでほしい。尚、理念はWebサイト『三方両得どっとコム』に詳しい。様々な決済機能や、自動返信メールなどは、すべてこうしてサイトを作ったに関連する情報で入手した。これらについてはこれから、追い追いに書く。是非、勉強してほしい。


 

 こうしてさらけ出すのも、目的がある。勿論、売上が上がれば嬉しいし、協力社長にも恩義に報いることが出来る。それ以上に、これはDRS(ダイレクトレスポンスマーケッティング)の実証情報であるからだ。


 注意して、ご覧になって頂けるならば、ウルトラマイクロビジネスの輪郭を浮かび上がらせる意図を持っている。


 すべてを公開する。隠し立てはしない。出来が必ずしも良いわけではないが、それは不徳の致すところ、暫時、改善する。


いろいろ詰め合わせ冬パック

定価4,200円/箱(210円/食×20)→3,800円(消費税込み)
  おやじの屋台×4袋、 みそラーメン×3袋、 激辛つけめん×3袋
  ご贈答に最適。ご家庭でのまとめ買いにも。

画像の説明

個数


認証コード(0083)

a:5653 t:2 y:0

2010年12月22日

おいおい! ついに正体、顕したな!!-魔性民主党政権-

民主党スッカラ菅政権は、魔性の正体を晒した!!
事もあろうに・・・・・・・・・・。
同志(小沢元代表)の国会招致を自公に協力要請とは??!
あきれて、口がふさがらない!!


 どうあっても、同志を他党に委ねるのは、同志を売る敵対行為だ。既に民主党政権は、形振り構わぬ反革命政権に成り下がった。完全に魂も、道義も失い主権者国民の敵対勢力に変わり果てた。

Okada


 そこまで腐り果てていたのか? スッカラカン(菅)は、何が何でも総理の座に縋り付こうとし、岡田幹事長は大恩師を身売りしようとしている。こんな事が許されるか?!


 百歩譲って、仮に小沢一郎議員に何かしらの嫌疑があろうとしても、身内である党同志を政敵に委ねることは、前代未聞だ。自民党でも、そんなことはなかったはずだ。どこでもあり得ない。あるとすれば、魔性の新左翼だ。内ゲバだ。


 しかも、小沢一郎に一点の曇りもないのだ。


 それを煽っているのは、事実を歪曲し、あるいは隠し通してデマゴギーを振りまいているマスコミとその司令塔の走狗たちだ。そんなことはちょっと調べれば、分かることだが、決して、真実を明かさない。


 なんとまあ、あきれ果てて、開いた口もふさがらない。


 いよいよ、売国奴の本性を現した。魂は腐り果てた。形振りを構わず、権力の横暴を発揮し始めた。これは危険だ。気違いに刃物だ。スッカラカン(菅)のチャウシェスク化だ。法も道義もあったものではない。


 そのスッカラカン(菅)に追随する岡田幹事長も民主党の百鬼の首魁と化した。あ~あ! 見るのも虫唾が走る。


       

【転載開始】

民主、週内に国対委員長会談 小沢氏招致で自公に協力要請

                               

 民主党は21日、小沢一郎元代表の国会招致を実現するため、自民、公明両党に 国対委員長会談を呼び掛ける方針を固めた。週内開催を目指す。小沢氏に政治資金問題に関し衆院政治倫理審査会で説明するよう促している現状に理解を求め、 招致議決に踏み切る際には協力するよう要請する。自公両党が証人喚問にこだわった場合は、喚問を前向きに検討する姿勢も示す構えだ。

                               

 菅直人首相と小沢氏の会談が決裂したのを受け、野党の協力をてこに事態打開を図る狙い。政倫審への出席拒否姿勢を変えない小沢氏をけん制する計算も働く。ただ野党が首相の思惑に乗るかは見通せない。

                               

 首相は21日夕、岡田克也幹事長と官邸で協議。小沢氏が政倫審出席を拒み続けた場合、証人喚問も選択肢に入れざるを得ないとの考えで一致した。

                           

2010/12/22 02:02   【共同通信】【転載終了】


 

【転載開始】2010年12月21日 (火)

Photo

人の道踏み外す空き菅政権が日本を地獄に道連れ

主権者国民にとって菅直人内閣とは何か。
 

 敵である。
 
 なぜ敵なのか。
 
 主権者国民の利益をまったく尊重しないからである。
 
 では、菅直人氏は何を重視しているのか。
 
 自分の利益である。菅直人氏にとっては、せっかくつかんだ総理の椅子にしがみつくことだけが重要なのである。それ以外は何も考えていない。総理の椅子にしがみつくことができるなら、何でも行う。
 
 昨年8月30日の総選挙を通じて実現した政権交代は主権者国民のための政権実現だった。主権者国民は日本の歴史上、初めて政治権力を手元に確保した。
 
 ところが、この主権者国民政権に対する既得権益勢力=米官業政電の利権複合体=悪徳ペンタゴンの攻撃はすさまじいものだった。
 
 悪徳ペンタゴンは検察権力とマスゴミを総動員して小沢一郎氏、鳩山由紀夫氏総攻撃を続けた。
 
 菅直人氏は総理の座を手中に収めるために魂を売った。
 
 主権者国民のための政府を樹立するはずが、新政権は米国・官僚・大資本のための政府に回帰してしまったのである。
 
 政権交代の偉業を牽引した最大の功労者である小沢一郎氏に対して、菅直人氏は暴言を浴びせ、卑劣で不当な攻撃を仕掛ける側に回った。
 
 民主党内には、渡部恒三氏、仙谷由人氏、岡田克也氏、野田佳彦氏、前原誠司氏、枝野幸男氏、玄葉光一郎氏などの、薄汚れた市場原理主義者=対米隷属主義者が存在する。
 
 菅直人氏はこれらの薄汚い人々と手を結び、人の道を踏み外し、主権者国民に背を向けたのだ。

主権者国民は事態の急変を放置したわけではなかった。
 
 菅直人氏が7月11日の参院選が菅直人内閣に対する「信任投票の場である」ことを明言したから、7月11日の参院選で、明確に、誰の目にもはっきり分かる形で意思を表明した。
 
 主権者国民は菅直人氏に「解任」カードを突き付けた。
 
 マスゴミが実施する世論調査など信用に値する代物ではない。ねつ造と偽造の混合物にしか過ぎない。国政選挙における投票結果こそ、神聖な主権者国民の生の意思表示なのである。
 
 7月11日の参院選で主権者国民は菅直人氏に退場を求めた。それにもかかわらず、菅直人氏は総理の椅子を不法占拠している。
 
 国政選挙で主権者国民から信任を受けていないから、菅直人氏は「仮免」だと認識したのである。参院選は、本免許試験だった。その本免許試験に菅直人は合格できなかったのだ。「完敗」=「菅敗」だった。「次点」にも届かなかった。
 
 菅直人氏は「国民主権」の大原則を無視して、ただひたすらに総理の椅子にしがみついている。これほど醜悪で醜い人物が国政の最高ポストにいることは、日本国民全員の悲劇である。
 
 挙げ句の果てに、政権交代を実現した最大の功労者、民主党最高実力者を不当に貶めようとしている。菅直人氏は主権者国民にとっての「賊」である。
 
 菅直人氏は、米国の言いなりになって沖縄の美しい海を破壊して巨大軍事基地を建設し、沖縄の主権者に巨大な負担を押し付けようとしている。
 
 官僚の天下りを徹底的に擁護し、財務省には新たに、国際協力銀行最高幹部の天下りポストを用意しようとしている。
 
 高齢者への年金、児童扶養手当、特別児童扶養手当、原爆被爆者への手当などを冷酷に切り込み、大企業には巨大な大減税を提供するのだという。
 
 こんな菅直人氏を支える国民は一人もいない。即刻菅直人氏は消え去るべきだ。
 
  主権者国民が菅直人氏と小沢一郎氏のどちらを支持しているのかを、菅直人氏はまったく知らないのだ。真実を知り、マスゴミ情報の嘘を見抜く主権者国民は、 全員が小沢一郎氏を支持しているはずである。菅直人氏を支持しているのは、首相と同じあたまのなかがからっぽの、「空き缶」=「空き菅」族だけである。
 
 「空き缶」によって日本が腐りきらないうちに、首相を代えなければならない。徳のない政権は易姓革命によって討伐される宿命を背負う。
 
 6.2クーデターによって無血平成革命は頓挫してしまったが、空き缶政権を打倒し、無血平成革命を成就しなければならない。そのためには、まず、小沢一郎元民主党代表に対する卑劣で不当な攻撃、弾圧を徹底的に糾弾、排除することがどうしても必要である。【転載終了】


認証コード(5028)

a:5653 t:2 y:0

驚愕の情報!!『金正恩』の生みの親は、横田めぐみさん?!

すでにご存じの方はご存じのはずだが......。
飯山一郎さんのサイトでは
精力的な北朝鮮情報が公開されている!!
その内容はかなり衝撃的だ!!



 衝撃的だが、荒唐無稽ではない。荒唐無稽と感じられる向きは、9.11テロが今だにアルカイダの犯行だと、想っているレベルだと比肩しうる。

Amr1002111431003l1


 すでに、読み通している方々は、大体予想が付いていた結論だろう。しかし、こういう事を堂々と公開する飯山さんには、頭が下がるばかりでなく、その勇気に驚嘆する。


 しかし、これは腑に落ちる結論である。そうでないと理解不能のことが多すぎる。『残置国家』も謎が解ける。一体全体、この行く末はどこに行くのか? 多くの人々には、到底、計り知れぬ謎であろう。


 しかし、これは繋がっている。今般、きな臭い極東情勢だが、どう考えても余裕綽々としているのは、北朝鮮の様だ。米国も韓国もどちらかというと、遠巻きに対峙しているとしか見えない。空母ジョージワシントンなどは、勇躍、横須賀を出撃したは良いが、かなり遠巻きに陣を構えている。

Photo


 何か、恐れているようだ。


 韓国も威勢がよいが、いざという構えもなさそうだ。キャンつく犬の遠吠えに見えなくもない。何かを恐れている風情が感じられる。ごく最近、中国の人民解放軍15,000人の重装備部隊が鴨緑江を越えて、北朝鮮に入ったとの報道もある。(参考:http://www.peacehall.com/news/gb/china/2010/12/201012200110.shtml


 見方もいろいろある。いよいよ北朝鮮の暴走を中国が押さえるのか?という見方が、一般的だが、こうなるとちょっと違ってくる。そうではなく、穿った見方かも知れないが、本格的に『金正恩』体制の擁護に胡錦涛は入った、と観ることも出来る。


 上海閥に対する、牽制である。


 と言うことは、満州帝国の亡霊が蠢(うごめ)き起ったと観ることも出来る。とにかく、一瞬の瞬きも許される情況には、ある。これは私見だが、日航機123便事件にも全く無関係とは想われない。


 とにかく、想像を絶する近代三国志が展開しようとしている。



『金正恩の母親は、横田めぐみさんです!』

皆さん、こんちは。飯山一郎です。ヤン教授の出張中は私が担当です。
いま、ヤン教授は大連にいて、金虎(ゴールデンタイガー)と打ち合わせ中です。
さて、昨日の話は次の文章で終わりました。

「横田めぐみサンに決まってるでしょうがぁ!」
という声が、すんごく多かったです。 あと文句も多かったです。
「毎日毎日、めぐみ&金正恩の写真をコレ見よがしに載せて、ソックリでしょ?って、」
くどい! の、秋田県の、いい加減に結論を言え!の、証拠なんてないんだろ?! と、
言われてます、はい。 それから、
「ジラシの飯山、ノバシの一郎、勿体ぶり爺(ジジイ)とも言われてるぞ!」
とか言ってきたシトもいます。
畏友・サムライ氏などは、『月刊日本』の大物・山浦嘉久氏の名前まで持ち出して、
「ジラさないで早く結論を言ってくれ~」
と圧力をかけてきてます。
ですから、そろそろ結論を言わないと、私の信用もガタ落ちになってしまいます。

 

それでは…、


結論から先に言います!

えーと…、


そして…、


 


さて、上記命題が成立するためには、大きな難題がクリアされなければなりません。
まず…、
1.拉致されて収容所に入れられた横田めぐみさんが、内密に収容所を抜け出して
  秘密裏に妊娠・出産するための空白の時間と空間はあったのか?
2.拉致された横田めぐみさんと金正日総書記が会った! そして同衾した! という
  確実な状況証拠は出せるのか?

以上、大きな二つの問題について、充分な説明がなされなければ…、

飯山一郎とヤン教授は 「大ウソつき!」


ということになります。

さぁ、飯山一郎とヤン教授は、大難題に答えることができるのでしょうか?

つづく.
本文は 『ビビンバ! 北朝鮮!』 を通読後に読むと “味” がでます。【転載終了】

認証コード(0853)

a:5653 t:2 y:0

2010年12月21日

「平成のメディア・ファシズム」-いちいち構ってられない-

北朝鮮声明ではないが.......!
いちいち、構ってられない子供じみたメディア狂気?!
『小沢一郎・カネと政治』問題政治痴戯とメディア報道



 どうせ、小沢一郎追い落とし戦術だろうが、間の抜けたメディア・ファシズムとしてしか、映らない。追求するのも出がらしの安物茶のようで、飲む前にその気も失せるのと対で、2番、3番煎じで色あせる。

Stt1012201120003p2Stt1012201120003p9_3


 まさに茶番劇と言うほかない。底の見え透いた下手な芝居と言うべきであるが、それで欺される人々がいるかと思うと、書かざるを得ない。


 結論から言えば、何のことはない。それ以外に方策がないのだろう。何やっても小沢人気は皆無にならない。寧ろ、しわじわ復帰してくる。デモは起こるは、検察審査会の馬脚は現すは、一体何やっているだ、との焦りが見受けられる。


 アッケラカン(菅)は、相当、活を入れられているに違いない。それは表情に表れている。本心に立ち返れば良いものを、本来、ウソつきの本性は隠せない。支持率低下を小沢問題にすり替えそうとしているのだ。それでも、総理の座に居座り続ける魂胆がミエミエだ。


 ヒラメ菅丸出しの醜態にしか見えない。それとも、脅迫を受けているのだろうか。それもあり得る。その意味では、暫く、その役目を甘んじて受けるのも、『本人のためにも、国家のためにも』良いことかも知れない。敢えて、主権者国民の目覚め時計を、ヒラメ菅は任じているのだと想えばよい。


 どうせ、司令塔は分かっている。その司令塔が相当業を煮やしているのだ。だから、メディアを焚きつけ、政界の繰り人形を叱咤激励し、と言うより、鞭打ち、茶番劇を繰り広げているのだ。その司令塔は言うまでもなく、CIAを本丸とした日本占領部隊に違いない。


 そこに株主様が業界を動かし、法人税減税を決断せしめた。おそらく、企業団体献金が動いたに違いない。官僚に巣食うヒラメ役人が、ヒラメ菅に甘言を弄し、おだて上げ、あるいは脅しすかして、プロトコール(手順)を提示しているに違いない。


 誠に見え透いている。ところが、それが見えない人々が多く存在する。それが問題なのだ。しかし、見える人々が、徐々に数を増しつつある。それは間違いない。言わば、これからは見える人々による、そうでない人々に対する啓発、気づきの契機を提供する努力が肝腎となる。


 そうすれば、コマが極点を越える時が来る。必ず、訪れる。


【転載開始】「日本一新運動」の原点(32) ── 「小沢問題」にみる「平成のメディア・ファシズム」    

Hirano090929                             

 

 わが国で、深刻なファシズムが始まっていることに気がついている人は何人いるだろうか。「平成ファシズム」といってもよいし、実体から言えば「メディア・ファシズム」ともいえる。  

 

 「小沢問題」とは、昨年3月の西松事件から始まり、陸山会事件などについて、「小 沢氏は国会で説明責任を果たしていない」との野党要求に対し、与党民主党執行部が最初は国会対策として、その後は菅政権の延命策として、小沢氏をまずは政 治倫理審査会等の場に引っ張り出そうとして、民主党内が混乱している問題である。「小沢問題」は政治倫理審査会で審査できる問題ではない。マスメディアが 言論の暴力で、小沢排除の先頭に立ち、民主政治を崩しているのが問題である。

■ファシズムとメディア

 「ファシズム」をひと言で定義するのは難しい。平凡社の世界大百科事典を要約すれば「資本主義の全般的危機の産物であり、崩壊しそうな資本主義を 守るため、権力が市民の民主主義的諸権利を踏みにじり、議会の機能を麻痺させ暴力的支配をおこなう」となる。現代のファシズムを論じるとき、何が「暴力的 支配」に当たるかが問題となる。

 「自衛隊は暴力装置だ」と国会で場違いの発言をして問責決議案が可決され、居座りを続けている大臣がいる。参考になる話だ。現代社会の「暴力装 置」は、『巨大マスメディア』といえる。「馬鹿なことを言うな」と、「社会心理的暴力装置」の代表者ナベツネさんたちは怒ると思うが、心理的には間違いな く「暴力装置」だといえる。

 現代の情報社会では、マスメディアは完全に立法・行政・司法に次ぐ第四権力である。前者三権は憲法で規制されているが、マスメディアは野放し状態である。実体として立法・行政・司法の三権は、マスメディアがコントロールする世論によって影響を受け支配されているのだ。

 さらに、第四権力の本質は、資本主義的利権と特権を持って、社会の木鐸たる役割を放棄した利益企業として存在している妖怪である。グローバル化と IT技術の発達という資本主義の崩壊的危機の中で、生き残りをかけて巨大マスメディアは、既得権(記者クラブ制・クロスオーナーシップ・低廉な電波料金) を死守しようとしているのが現実である。それを改革しようとする小沢一郎の存在を彼らは許さず、襲いかかっているのだ。

■「暴力装置」としてのメディアの実体

 12月13日(月)、永田町は朝から「民主党分裂か」と緊迫した。同日午後の常任役員会で、岡田幹事長が「小沢氏の政治倫理審査会での説明出席を、役員会の議決で決める」との動きが出たためであった。

 結果は、幹事長一任となり先送りで、有耶無耶となった。小沢グループの有志が「議会民主政治に反し、正当性がない」との「決議」を岡田幹事長に渡して抗議するなどの動きに影響されたようだ。

 小沢氏の国会での説明については、臨時国会で野党が要求したものである。国会正常化の条件の一つであったが、現場の与野党で「小沢氏が出席説明で きる環境を整備するよう努力する」ことで合意していたものである。それを岡田幹事長が「政治倫理審査会で説明するようにする」と、与野党幹事長等会談で約 束したことで混乱が始まった経緯があった。それを菅首相や仙谷官房副長官が「小沢排除」に利用して、岡田幹事長の独り芝居となったわけである。一部の見方 では、党議に反した場合、小沢氏を離党させて他党と連立や提携を深めようとの魂胆があったといわれている。この日から翌十四日にかけての各TV局は一斉に 「小沢は岡田幹事長の要請を受けて、政倫審に出席して〝政治と金〟について説明するのは当然だ」と「小沢叩き」一色となった。特に酷かったのが朝日の星氏 と時事の田崎氏であった。社命の背景があったかも知れないが、この二人が「メディア・ファシズム」の政治部門の旗手といえる。

 翌日の朝刊も酷かった。各紙とも岡田幹事長を支援する論調や解説で、新聞社もここまで劣化したのかとあきれ返るほどであった。特に呆れたのは読売 と朝日で、『小沢氏の招致を先送りするな』(読売)では、「菅首相が通常国会に向けて態勢を立て直す第一歩が、小沢氏の政倫審招致実現である」と論じ、菅 政権の無能力を小沢氏の責任にする暴論である。

 朝日は岡田幹事長と同じように、正気の沙汰でない社説であった。『小沢氏はもう逃げるな』という見出しで、小沢氏の「政治と金」を民主党にとっての「宿痾」(しゅくあ)だと断定している。

 えらい難しい言葉を使って教養ぶりを見せびらかしているが、そこが朝日のイヤラシさだ。これこそ背広を着た暴力団とどこが違うのか。まさしく「言 論の暴力」だ。小沢氏が自民党を出て、真の政権交代を遂げるまで、政治資金について法規を遵守して、どんな苦労をしたのか、私がもっとも知っている。

 朝日がそこまで言うなら私にも言い分がある。五十五年体制下で、私が付き合っていた朝日のOBや現職幹部が取材や報道という名目で、どんなスキャンダルや、政治家との関わりをしていたのか、黙っているわけにはいかない。

 聞くところによれば、朝日の社内では「官邸機密費」にふれることは禁句とのこと。立派な建前を偽りで続けていくことは、菅首相や仙谷官房長官らの 感性と同質だ。戦前のファシズムを創ったメディアでは、朝日の戦争責任が一番大きい。「平成のメディア・ファシズム」の源は、小沢氏を政界から排除しよう とする、朝日新聞にある。

■政治倫理審査会の本義を知れ

 ロッキード事件に始まった政治倫理制度の創設に、私は約10年間、衆議院事務局の担当者として関わってきた。国会議員はじめ、メディア有識者が、政治倫理審査会の本義を知らずに議論していることに、ファシズム化を深めた日本の政治の悲劇がある。政治倫理審査会の審査は、

1)議長が、法令で決める規定に「著しく違反した」議員の政治的・道義的責任を審査することにある。

2)それは行為規範か、資産公開法か、政治資金規正法に違反したことが前提である。

 小沢氏の場合、秘書や元秘書が起訴された「政治資金規正法」が前提となろう。政治的謀略で起訴となった収支報告は適法であったとの論が大勢である が、仮に起訴どおりとしても「著しい違反」ではない。従来なら総務省の行政指導により訂正で済ませていたことである。小沢氏は共謀を疑われて、何回も取り 調べに応じ、二度にわたり検察が不起訴にした事件で、その都度記者会見で説明している。審査会の対象になるものではない。

 審査会が審査を行うについては、まず、審査会規程第二条で委員の三分の一以上の申し立てが必要である。現在野党だけでは員数が足りなく、民主党の同調が必要となる。そのことで民主党内が紛糾しているのだ。

 仮に申立をするにしても「著しく違反していることを明らかにした文書」が必要である。小沢氏を申し立てる場合、政治資金規正法に著しく違反したことを明らかにする文書など作成できるはずはない。

 次の方法は審査会規程第二条の二で、不当な疑惑を受けたと議員が自ら審査の申し出を行う場合である。小沢氏は不起訴の状態である場合、この規程に より審査会に出席して、疑惑が不当であったことを説明するために申し出るつもりであった。代表選等で審査会に応じるとの発言はこのことであった。

 しかし、10月4日、検察審査会が二度目の起訴議決を行ったことを発表。小沢氏側が行政訴訟を起こし司法手続に入った。そして近々本格的裁判が行 われることになっている。この状況で、審査会の審査や調査に応じることは、裁判に影響を与えることになり、国政調査権の限界をこえることになる。三権分立 の原理を守るためにも応じるべきではない。

 岡田幹事長は「裁判に関わることではなく、政治責任を取り上げることなので別だ。世論の大勢が国会で説明しろといっている」と発言しているが、と んでもないことだ。審査会で政治責任を審査することは、事実関係を抜きではできない。当該裁判に直結することである。世論の大勢というが、「心理的暴力装 置」のメディアが創りあげたものに、依存するとはあきれたことだ。

 政治倫理審査会は何のために設置されたかというと、グローバル化し、情報化した国家社会で、健全な議会民主政治を発展させるためのものだ。国会議 員の人格的・経済的倫理を確立させることが目的であった。制度をつくるとき、もっとも配慮したことは審査や調査を行うにあたって、議員の職務や権限を侵す ことがないこと、政治倫理確立という美名を利用して、国民主権で有権者から選ばれた地位を侵害しなくするため、などであった。例えば、「議員辞職勧告決議 案」の提出をやめること、政治倫理問題を国会対策などに利用しない、といったことである。

■官邸と岡田幹事長が小沢氏の国会招致に拘る理由

 12月15日(水)夜、仙谷官房長官が語ったといわれる重要な情報が入った。「小沢氏が起訴され裁判が始まると、元外務事務官・佐藤優氏のように 休職扱いにすべきだ」とのこと。真偽はわからないが、総会屋や暴力団を庇う弁護士の考えそうな話だ。要するに菅政権にとって、「国民の生活が第一」とする 小沢氏をどうしても排除したいようだ。そのため、さまざまな手を使って道理に合わないカードを切っているのである。

 そう言えば、検察事情に詳しい人の話だと、柳田法相の2ヶ月間に何もやらなかったといわれているが、実は官邸が検察をグチャグチャにしたとのこ と。尖閣列島問題だけのことではないらしい。第五検察審査会の不可解な動きに官邸が関わっていた可能性がある。来年1月13日の民主党大会前日の12日 に、小沢氏が起訴されるらしいとの日程は、官邸の党大会対策との情報もある。

 小沢氏の国会招致をこの線上で見ると、恐ろしい謀略で日本の政治が動かされているといえる。政治倫理審査会で「小沢問題」の審査を行うことに正当性はない。証人喚問に至っては暴論、暴挙である。

 小沢氏を苦しめた一連の事件は、政権交代を阻止する自民党旧体制と検察がメディアとコラボレーションをした弾圧であった。それを政権交代以後の菅 政権が引き継いだのが実体である。民主党がまっとうな政党なら、「小沢問題」は、民主党が自民政権の謀略と検察ファッショ性を追求すべきことだ。

 歴史は繰り返すというが、昭和9年(1934)の帝人事件・検察ファッショを思い出す。検察のデッチアゲであることが警視総監の証言をきっかけに 判明したが、斉藤内閣は倒れ、翌年には「天皇機関説事件」、次の昭和11年には「2・26事件」が起こり、日本はファシズムの波に洗われることになる。し かし、気骨のある議会人・斎藤隆夫や浜田国松らは議会政治を守るため生命を懸けた。21世紀の国会では、「平成のメディア・ファシズム」侵攻の危機を訴え る政治家は未だいない。

 しかし、私たちは悲観してはいけない。「平成のメディア・ファシズム」に気づいて、真実の情報を伝えようとするITネットの努力を知っている。この人たちと共に「メディア・ファシズム」と闘っていくのが「日本一新の会」である。【転載終了】


認証コード(3534)

a:5653 t:2 y:0

2010年12月20日

ZERO 9/11の調査報告(日本語字幕版)完全掲載!!その③

もう、何回、何十回9.11WTCテロについて書いてきた!
でも、まだ止めない......。
この映画ZEROは、一度は視聴すべきものだ!!
日本語字幕版があった。
3回に分けて、掲載する。 その3(最終回)


 子どもでも分かる、謎、と言うより、ウソの固まり。それを大の大人が、マスコミを通じて吹聴しているのだ。『9.11テロはアルカイダの所為だ!』。それは、今だに変わらない。

2

Images<雪ではない。WTCビルのコンクリート微粉末だ。>


 そのことは、よほど大人の知性が低いと言うことになる。そんなはずはない。そんなことはあり得ない。それは、明らかにウソを吐いているか、知っていても言えないか、あるいは本当に知性が干上がっているかしかないであろう。


 これを謀略論だという。9.11テロこそ謀略であって、その事があまりにも明白であるが故に、真相追求そのものが、謀略論だという。内部犯行しか考えられない。が、それを言うと、それこそ陰謀説、謀略論として、一瞬に片づけられてしまう。


 狂っているのはどちらで、まともなものはどちらか? 大した知性は必要ではない。先にも書いたが、子ども知性で充分であろう。嘆かわしいのは、その犠牲者達である。2800人にせよ、その遺族にせよ、心かきむしられる思いであろう。


 そればかりではない。それによって、戦争が引き起こされたのである。一体、幾人がこのふざけた自作自演テロによって、生命を失ったのか? 『Remenber 9.11』はその事のためにあるのであって、戦争標語ではない。リメンバーパールハーバー、リメンバーメイン・・・・は常に戦争標語であった。


 この言葉を、この標語を語るものが、自作自演テロの犯人だ。そんなことはそれこそ、子どもでも分かる論理だ。その内、リメンバー延坪島が叫ばれるかも知れない。そう言うことだ。日本では、さしづめ、リメンバー尖閣であろうか? そう言う雲行きが作られつつある。


 これも簡単な理屈であるが、知性ある大の大人が、それも学のある歴々が、それを声を大にして叫ぶのを、冷ややかに眺めているのは、投稿者だけか??? そうではあるまい!


(※日本語版が、YouTubeに公開されていることは、知らなかった。熱心な情報提供コメント氏によって、知った。深謝!!)


ZERO 9/11の調査報告 7/9 日本語字幕版
http://www.youtube.com/watch?v=Nx0_LqwgbQg&NR=1

ZERO 9/11の調査報告 8/9 日本語字幕版
http://www.youtube.com/watch?v=Ad69wS5nWQU&NR=1

ZERO 9/11の調査報告 9/9 日本語字幕版
http://www.youtube.com/watch?v=4Kr4Zq7nRGg&NR=1


認証コード(8812)

a:5653 t:2 y:0版)完全掲載!!その③]]

2010年12月19日

ZERO 9/11の調査報告(日本語字幕版)完全掲載!!その②

もう、何回、何十回9.11WTCテロについて書いてきた!
でも、まだ止めない......。
この映画ZEROは、一度は視聴すべきものだ!!
日本語字幕版があった。
3回に分けて、掲載する。 その2


 予見を与える評論は避けたいと書いたが、予見などと言う必要すら感じない、まるでマンガ以下の9.11事件のストーリーであろう。もう、何もかもデタラメだ。9.11真相解明などと言うことすら、烏滸(おこ)がましい。

Photo

Images


 何度見ても、何度、書いていても実際バカバカしくなってくる。


 問題は、こうしたバカバカしいストーリーが、世の中を闊歩していると言うことだ。今だに、9.11テロが当局が描いたストーリーが、巷に一滴でも真実として流通していることが、奇跡である。洗脳を越えて、まさしく思考停止と言えよう。特に、日本に置いては.......。


 これはあまりにもひどい戯曲と言うべきであって、戯曲の中で人々は何一つ考えようとせず、酔っているのである。これを事止さし祭りき、の神話の世界に生きている夢遊病者と言わずして、何であろうか? まさに罪汚れを払え給え、清め給えの一大戯曲だ。


 ホント、勝手にしやがれと言うしかない。



(※日本語版が、YouTubeに公開されていることは、知らなかった。熱心な情報提供コメント氏によって、知った。深謝!!)


ZERO 9/11の調査報告 4/9 日本語字幕版
http://www.youtube.com/watch?v=IaClbMcwuks&feature=related

ZERO 9/11の調査報告 5/9 日本語字幕版
http://www.youtube.com/watch?v=6f5AqDAhYBM&NR=1

ZERO 9/11の調査報告 6/9 日本語字幕版
http://www.youtube.com/watch?v=eVpQeHbcVrc&NR=1


認証コード(5599)

a:5653 t:2 y:0

2010年12月18日

ZERO 9/11の調査報告(日本語字幕版)完全掲載!!その①

もう、何回、何十回9.11WTCテロについて書いてきた!
でも、まだ止めない......。
この映画ZEROは、一度は視聴すべきものだ!!
日本語字幕版があった。
3回に分けて、掲載する。 その1


 出来るだけ、予見を与える評論は避けたい。とにかく視聴してほしい。何の疑問持たず、マスコミが意図的に流し続けた『9.11WTCテロ』を実態として、受け取るばかりでは、余りにも主体性のない人間となってしまう。

Zero_main01

Images


 そうは思わないか?


 人間は、考える葦である。と古人は言った。蓋し、名言である。せめて、考える材料は、積極的に収集したいものだ。それが、何を意味するかは明らかである。


 人間であるか? 人間を止めて、ロボットになるか? その二つに一つである。



(※日本語版が、YouTubeに公開されていることは、知らなかった。熱心な情報提供コメント氏によって、知った。深謝!!)


ZERO 9/11の調査報告 1/9 日本語字幕版
http://www.youtube.com/watch?v=8AYb77_2Tk8

ZERO 9/11の調査報告 2/9 日本語字幕版
http://www.youtube.com/watch?v=veJQKbXTysI&NR=1

ZERO 9/11の調査報告 3/9 日本語字幕版
http://www.youtube.com/watch?v=jd8kRoFs8iE&NR=1

(ここにHTMLタグを挿入)
認証コード(6676)

a:5653 t:2 y:0

2010年12月17日

ヒラメ人間の末路-どこまで上を見れば気が済むのか?!-?

ヒラメは上ばかり見ている!
ヒラメ裁判官、ヒラメ検察官、ヒラメ警察官・・ヒラメ役人
少ないが、ヒラメ人間は存在する?!
それは造作される.....。その極めつきは、ヒラメ菅か?.......。


ヒラメの一生


 もう、打ち止めにしてほしい。

 打ち止めになるだろう。

 だって、上には上がある。

 きりがない


 ヒラメ意識に支配される限り、永遠に腐敗は続く・・・・。

251

「kensatunaimaku.pdf」をダウンロード(とびとびの文章だが...オモシロイ)nikaidou.comより


 やっと上に浮かぶと、

 今度は、ふわふわクラゲの

 第二の人生が待っている


 だって、

 上には上が永遠にあるのは単なる幻想で

 海面近くに漂うクラゲになっていた


 

 これ以上、上りようがない

 今度は、

 クラゲに幻想を抱く後輩ヒラメたちに

 思い切り威儀を正し、訓説を垂れ風を吹かさなくてはならない


 それも

 上り詰めたヒラメを

 先生、先生と囃(はや)し立て、クラゲに仕立て上げる仕組みがある


 権力とコネクションを求める

 自称僕(しもべ)を装う取り巻きが


 世慣れた僕(しもべ)、世慣れぬヒラメを先生クラゲに仕立て上げる


 あんまり、(はや)し立てられるので、

 豚も煽(おだ)てりゃあ、木の登るじゃあなくて

 ヒラメも煽(おだ)てりゃあ、上りきって、クラゲになった


 毎日が、ふわりふわりのクラゲ稼業

 悪い心地はしない

 毎日が先生、先生だ

 仕事は後輩ヒラメが宛がってくれる

 マッチポンプは完璧だ

 時には

 盆暮れ、餞別と頼みもしないのに付け届けがある


 クラゲ先生は

 時にはテレビにも出て

 高説を垂れる

 インタビューなど序の口だ

 ヒラメ修行で要領は弁(わきま)えている


 事と人を論(あげつら)うのは

 昔取った杵柄だ

 そつはない、抜かりはない

 万事、手駒に徹してきた

 その習性と嗅覚が自身をここまで引き上げてきた

 一事が万事、忖度(そんたく=察すること)する能力は抜群だ

 センスと感覚には定評がある

 ふわりふわりでも弁(わきま)えは人後に落ちるはずはない


 しかし、

 夏があれば、秋がある

 秋には気温が下がり、わが世の常夏も終わる

 クラゲは泳ぐ力は弱くなり

 ふと見ると

 すっと網がすくい上げてくれる

 存在がある

 長い戦いの人生、海中から掬(すく)い上げられる時が来る

 誰でも来る


 その時、思うだろう

 俺の人生は、一体何だったろう


 やがて、瞬く間に

 我が身を豊かに潤っていた水分は蒸発し、

 ひからびたタンパク質と化し、

 秋風に吹かれて、跡形も無くなる時が来る


 それが、誰にでもある人生の終わりだ


 思い起こせば、上にしか興味がなかった

 それが面白いのでも、楽しいのでもない

 やり甲斐があるのでもない

 しかし、スリルとサスペンスには富んでいた


 とにかく、上に行かなければならないという強迫観念が確かにあった


 本当は、苦しかった

 情けない時もあった

 しかし、頑張った

 その分、ヒラメ修行を終えた暁は

 クラゲになりたかった

 唯それだけだった

 ただそれだけ


 

 これが、俺の人生だったのか

 想えば、

 同僚で、幾人が修行の途上、自ら命を落としたのか

 あるいは、忸怩(じくじ)たる想いで落伍の隊列に組み入ったか

 俺は勝利者だ、そう思うことにしよう


 それにしても心は寒い

 なぜか思い起こされる人生は虚しい

 何をやったか、実感に乏しい

 ヒラメである内は充実していた

 訳も分からず充実していた

 クラゲになって、安心した

 安心はしたが、充実は消え失せた


 ましてや

 網に掬(すく)い挙げられて、

 何もかも忘却の彼方に........。消え失せた

 思い起こそうとしても、何も思い出せない 

(注:『裁判所の問題点、そして腐敗の構造?!』と合わせて読むと、含蓄があるかも・・?)

2010年12月16日

逝ったマシュー君の天界からのメッセージ!!39

マシュー君のメッセージについて、
そして、拙ブログ
一部転載記事に、議論がある
それについて、少し触れたい!!

反論でも、論戦でもない!!


 


 言わば、態度表明ってやつだ。


10message8601

<記事に無関係:北朝鮮砲撃事件>

 

 いろいろな見方がある。それは結構なことである。四方八方観ることは、より真実に迫る手段だからである。一人ではそれは仲々難しいからだ。姿、形、匂い、そして、味までも知り尽くして、やっとうま味も分かるからだ。でも、結局、最終的には食ってみるしかない。


 それは食い物の話ではあるが、情報とて同じである。


 ディスインフォメーション(攪乱情報)として、真っ向、近寄らない人が居る。一度くらい、食って見ろと言いたい。勿論、嫌な人に無理強いするつもりはない。又、出来ない。食って、あたる人も居るが、そうでない人もいる。と、同じで、攪乱されるかどうかは、その人の判断力にある。体質と免疫力の違いと同じだ。


続きを読む→逝ったマシュー君の天界からのメッセージ!!39

2010年12月15日

裁判所の問題点、そして腐敗の構造?!?

裁判所よ、お前もか!でも、
現役・地方裁判所職員の証言!!でも
内心は、そうであってほしくない、との気持ちは強かった
が、まぎれもない現実だ!!


 生田輝男弁護士は、まぎれもない高裁判事を務めた裁判所生え抜きだ。その人自身から、語られる司法の現状は、薄ら寒く、空恐ろしい。まさしく、聞けば、目が点になると云うことはこの事だ。


Photo182203


 警察裏金の仙波敏郎元愛媛県警巡査部長、検察裏金の三井環元大坂高検公安部長に続く、司法関係の実態を暴く三羽ガラスだ。こういう人士が、同時に世に現れると言うことは、天は、その刷新を求めていると言うことだ。


続きを読む→

2010年12月14日

何故だ?

全く、報道されないが、
新型インフルエンザワクチンに依って、
妊婦の流産率が7倍に増加したらしい・・・・・。
アジュバンドによる不妊化実験は成功だろう!!


 パンデミック・フルー(感染爆発)を目論んだ新型インフルエンザ騒動は、大したパンデミックにはならなかった。しかし、これは問題提起の大騒動だったのだろう。それに反応して、ワクチン接種が推進された。これが解決策だ。

039ahsa

<アヒルの真似ではあるまいし.....?>


 実は、この解決策が目的である。ワクチン接種が目的であるから、その狙いは、人口削減に在ると大胆に警告してきたが、その通りになった。何と、接種を原因として、妊婦の流産が7倍にも激増しているというのだ。これは、全く報道されない。


 この延長線に子宮頸ガンワクチン接種があると考えて間違いないだろう。その意味で、パンデミック狂騒劇は大失敗に見えるが、ワクチン接種による流産激増の結果は、『ワクチンによる人口削減』実験は、大成功と見ているに違いない。


 ビル・ゲイツも大満足だろう。

ビル・ゲイツ - 新しいワクチンをホントにうまく使えば、世界人口を減らせる!


 免疫増強剤としてのアジュバンド添加が原因だ。そうに違いない。アジュバンドは免疫増強なのではなく、非自己物質を添加することにより、本来の免疫機能を攪乱することにあるのだろう。それにより、流産する。そう考えて間違いない。


 それにしても、7倍というのは恐ろしいことである。


続きを読む→何故だ?

2010年12月13日

暴かれるか、日本航空123機墜落事故の真相?!58

本家ブログ『(新)日本の黒い霧』さんの情報
衝撃の報告である!!
多分、闇資金復興計画?
あるいは、闇資金隠蔽工事の可能性?! 第58弾


 これも、『この世・あの世を知る』ブログさんが、南相木ダムについては、現地調査をしている。何故か? ここは、あの『ピカッ』が在った場所だからである。


Md01

Ms01

 <「この世・あの世を知る」ブログより>


 詳しくは、「この世・あの世を知る」ブログに行って、考察されることをお奨めする。


続きを読む→暴かれるか、日本航空123機墜落事故の真相?!58

2010年12月12日

癌の治療、それは春ウコンの免疫賦活作用か?!

『ガンは癌にあらず』は一瞬にして、売り切れた!!
再販を努力したが、もうない模様だ.....。
申し訳ない、しかし、情報は決して途絶えない!


 情報に接するためには、つむじ風ねっとのメニューから入ることが出来る。本ブログの左肩のガンは癌にあらずでも可能だ。本元は『ガンは癌にあらず --春ウコン免疫賦活剤が制する成人病--』だ。情報は、情(なさけ)に報(むくい)るために存在する。公益のものだ。

Photo


 どんなことがあっても、遮断されることはない。だから、安心して求めてほしい。求めるものは救われる。かのイエスも云ったではないか。


 コメントやメールで、深刻な相談を受けるが、投稿者は医者ではない。だから、応えに窮することが多い。間違いを伝えるわけにはいかないので、励ますしかないのである。だから、是非とも自己責任で、情報を収集し、賢明な判断に委ねるしかない。


 投稿者には確信があるが、他人には指導も、強いることも出来ない。責任を負う立場にはないからである。是非、求めてほしい。願ってほしい。そして、助かってほしい、と念ずるだけだ。

S_image003


続きを読む→癌の治療、それは春ウコンの免疫賦活作用か?!

2010年12月11日

東京第五検察審査会の情報公開を求める請願!!

正式な誓願署名である!!
勿論、自由意思によるが.......。
あまりに明白な東京第五検察審査会のイカサマ!!
これを放っておいては、
民主主義は崩壊する・・・・・・・!


 何度も掲載したが、これほどの『明白』なイカサマも珍しい。これを糾弾しないで、何を糾弾するというのか。こんな事が罷り通るようでは、日本の民主主義は、もうトロトロに溶解してしまうだろう。

Photo

「ikasama.PNG」をダウンロード(クリックすると拡大)


 イカサマもイカサマ、噴飯たるイカサマ。

Ikasama2

「ikasama2.PNG」をダウンロード(クリックすると拡大)

 とにかく、志ある方は転載元に訪ねて、対処されたい。転載元は、心あるコメント氏からの情報を下記に転載しておきたい。

続きを読む→東京第五検察審査会の情報公開を求める請願!!

暴かれるか、日本航空123機墜落事故の真相?!57

本家ブログ『(新)日本の黒い霧』さんの情報
謎のペリコプター編隊飛行の暗号!!
果たして、クーデター計画はあるのか?
そして、その意味するものとは何か?! 第57弾


 奇しくも、『この世・あの世を知る』ブログさんが、彼の臼井宇宙空間研究所の巨大パラボラアンテナを載せておられる。実に巨大である。


P1020613_convert_20101207232856

P1020610_convert_20101207231635 

 <「この世・あの世を知る」ブログより>


 はたして、クーデター計画なるものがあるのか、ないのか? 情報を収斂させていくと、あると考えざるを得ない。実行は可能か、否かは分からない。しかし、その勢力と計画は存在する。これがこれまでに結論である。


続きを読む→暴かれるか、日本航空123機墜落事故の真相?!57

2010年12月10日

衝撃が走るウィキリークスの機密暴露!!

誰が衝撃を受けているか考えると分かる!!
簡単な脳力開発の問題だ。
現今の最大権力が衝撃を受けている。
故に、ウィキリークスは、
少なくとも、権力構造を変容する爆弾である.......。


 善し悪しの問題は、横に置いておこう。それを論議しても、時間の無駄使いだ。ウィキリークスが権力構造に衝撃を与えたことは事実である。それ故、多くのサービス企業が、ウィキリークスとの取引を停止した。

Wantted


 そして、代表者アサンジを逮捕した。


続きを読む→衝撃が走るウィキリークスの機密暴露!!

不思議な少年!! その92

エルサレムの祭典でのイエス。人はすべて神の子なることを示す!! 


 人は、全て神の子である。イエスは神の子であるとして、反感を買った。ましてや、人皆神の子と言うならば、総反感を買うところであろう。

Img_2019

記事に無関係>  

続きを読む→不思議な少年!! その92

2010年12月7日

アホか?! CIAの手先か?! 民主のガキども?!

ちょっと、品のない表題になったが.....。
思わず口を衝いて出てしまった!!


 自民党など野党が発言するなら、分かる。そもそも何の問題もない報告書問題だが、マスコミはにわかに攻撃材料に引っ張り出した。小沢一郎がなかなか人気を下げないからだ。

Stt1012062205007p1


 それに反して、スッカラカン(菅)政権は凋落の一途を辿る。その原因は、自らにある。それを棚に上げて、同じ政党の、ましてや政権交代の立役者を貶める発言には、開いた口がふさがらない。


続きを読む→アホか?! CIAの手先か?! 民主のガキども?!

ムネオさん! 負けるな! -支援者の取ったビデオ-

鈴木宗男元議員が昨日収監された!!
国策捜査、国策裁判の犠牲者だ。
これは何回でも云える
いや、声を大にして叫ばなくてはならない!


 今、その事を気づいている人々も多くなってきた。その一人のブロガーが見送りに行ってきた時のビデオ撮影と思われる。決して、マスコミには出ないフレームアウト情報がある。転載ムネオ日記の後に掲載する。


20101206suzukimuneo



続きを読む→ムネオさん! 負けるな! -支援者の取ったビデオ-

何かが起ころうとしている?!

それは、誰しも漠然と感じている!!
そうでない人は、日常に埋没しているか、
敢えて、観ないようにしているか、どちらかであろう.....。


 それでも人生はそれぞれであるから、選択するのはその人自身の問題だ。敢えて強いる必要はない。強いることも出来ない。


予告された911テロ/イルミナティ・カードゲーム95年
http://www.youtube.com/watch?v=ldnyHhkVOqE&feature=player_embedded#!


 イルミナティーカードは、悉(ことごと)く、予言を的中させてきた。予言ではない、予定だからである。そして、これからの予定も記されている。予告されているのである。


続きを読む→何かが起ころうとしている?!

2010年12月6日

突然変異は、滅多に起こらない!!

遺伝子工学によって人為的操作以外に考えられない・・・・・?!
従って、癌は突然変異ではあり得ない!
同時に、豚・鳥インフルエンザのウィルス突然変異も
異常である!!



 素人考えであるが、突然変異が日常的に起こるなら、瞬く間に人間の姿は数百年単位で変化を遂げるであろう。数万年あるいは、それ以上、人間は人間であり、猿は猿である。


Cavillegas2


 種の保存は、突然変異に勝る。こんな事は直ぐに考えれば解ることではないか。自分の子孫が数百年後、タコになるなどと言うことはない。従って、癌は感染によって形態変化であることが容易に分かる。だから、癌は必ず治る。


続きを読む→突然変異は、滅多に起こらない!!

2010年12月5日

北朝鮮への認識が大きく変容する予感?!

『金正日は日本人だった』?!
北朝鮮は残地国家である?!
そして、金正恩は誰の子か??
しだいに明らかにされる真実の歴史......。


 今、飯山一郎さんが八面六臂の活躍だ。勿論、ブログ上のことであるが、全てをさらけ出そうという気迫を感ずる。それに肖(あやか)るわけではないが、真実の咆哮は、狼の遠吠えの様に、類を呼び覚ます。


Yokotamegumi2Yokotamegumi3

Jpreuterscom


 『金正日は日本人だった』とは、飯山さんや投稿者の発案ではない。れっきとした軍事評論家=佐藤守(元航空自衛隊戦闘機パイロット)氏の本の表題である。何がれっきとしたかは兎も角、又、その真偽の程は兎も角、あり得なくもない真実味がそこにはある。


続きを読む→北朝鮮への認識が大きく変容する予感?!

2010年12月4日

『ガンは癌にあらず』配本終了-業務連絡-

ご連絡の通り、今週(昨日)一斉配本作業完了!
遅れまして、気をもませまして、御免!!
暫く、お待ちを.......m(_ _)m


 ブログの更新も中断してしまった。突貫作業となった。

2


続きを読む→『ガンは癌にあらず』配本終了-業務連絡-

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional